田んぼと匝瑳の人との交流と

この週末の匝瑳滞在は、なかなか充実していました。

土曜日は晴天、日曜日は小雨でしたが、
MY田んぼの人たちの大豆の種まきがありました。

今まで、6月の適当な日に大豆を畦にまいていましたが、
長年無農薬で大豆を作っている地元の農家さんみやもと山さんが
大豆は6月の4週目から7月の初めまでに植えるといいよと教えてくれました。
いつまいても芽は出ますが、その後虫食いが少ないそうです。

b0034072_08544550.jpg
畦に15センチから20センチ間隔に2粒づつまきました。
今年は、代々種取りしている小糸在来と丹波黒豆6粒(昨年あまり取れなかったので)
みやもと山さんの茨城在来をまきました。枝豆で食べて、その後、味噌と醤油になります。

田んぼは、10年目にして初めて中干しをしてみました。
これで稲の倒伏が防げますように。

b0034072_08591961.jpg
こんな感じにひび割れています。空気と太陽の光が直接土に注ぎます。
この時期は一雨ごとに稲がぐんぐん成長して、分蘖も見事です。

タニシやオタマジャクシは死んじゃうのかなと心配していたら、
横のまりりん田んぼにタニシが移動したようで、
すごく増えたよと言っていました。よかった!よかった!
タニシが雑草を食べてくれるので、
どちらの田んぼも今年は草取りが楽です。ほとんどない。

MY田んぼの下の田んぼの人は、抜いても抜いてもこなぎが多くて大変です。
それでも、初めてなのによく頑張って丁寧に抜いているので、稲の成長はすばらしいです。
中には草取りが楽しいと言っている人もいます。
確かに静かな瞑想の時間です。

土曜日の夕方から、農作業を終えて、
3月に匝瑳に移住してきたTさんご家族の家に、田んぼ仲間が集いました。
一切の修繕なしの大きな古民家で、庭にはたくさんの木が生えています。
近くの畑も使えます。
うらやましいことに飲める井戸水です。
ご主人のTさんは、井戸水のお風呂に入るようになって、アトピーが改善されたそうです。
見ると、顔も若くなっています。
こちらに移住してくるファミリーは、大人も子供も笑顔が素敵になります。
子供達は、鼻水たらしているけれど、丈夫になり、人懐っこくなるので不思議。
大人も、自然体になります。

日が長くなり、大人たちが食べて飲んでいる間、
思いっきり遊べる庭で、子供達がみんな仲良く遊んでいました。
ピアニストのKさんが、キーボードでビートルズの曲を弾いてくれ、気持ちの良い集いでした。

翌日は、高田造園の高田さんが庭作りをされた旭市の家のBBQに呼ばれました。
完成した庭は気持ちがよく、庭でのBBQですが、蚊がいませんでした。
Kさん邸の造園の様子はこちら

Kさんはピーナツ会社の役員さんです
添加物なしのこだわりのピーナッツクリームです。
Kさんのお話によると、ピーナツの花はひとつの花に雄しべと雌しべがあって受粉するので、
F1のピーナッツはないそうです。
九十九里はピーナッツの産地なので、
ピーナッツ畑で良く見かけるわらぼっちのようなものは、
収穫後裏返して、積み上げて、天日乾燥しているそうです。
いつもあれはなんだろう?と思っていたので、長年の謎が解けました。

そして、高田さんとの会話も、いつも感動します。

木を切るときに、ちょっと触ってあげると安心するよ
切った木を囲いなどに使うと、そこでまた木の魂が宿るよ。
木々は死んだ木もしばらく切らずにおくと、周りの木に情報を伝達するよ。

高田さんのお話につながる木々は地中の菌糸ネットワークで会話していることが
30年の研究で分かりました。

スザンヌ シード:森で交わされる木々の会話
動画はこちらです。英語ですが字幕がついています。

まりりんの庭も今年の1月に高田さんのワークショップで手入れをしたので、
今年は蚊が少ないです。その時の様子はこちら

うちのタブの木も瀕死の状態でしたが、
周りに溝を掘って炭や枝を入れたら、今年は美しい新芽がたくさん出てきました。
水と空気と微生物と太陽の光。

そして月曜日は、匝瑳市にある会社(株)IHSの社員食堂で
代表の石井社長さん他社員の方々と一緒にランチをいただきながら
熱い思いをお聞きしました。
匝瑳の農家さんが作る野菜は、そのほとんどが破棄されているそうです。
もったいない話です。そういう野菜を製品化して、販売していくため
色々なアイディアとともに、高卒の若い人たちを正社員で雇用し、
社会人に育てていく教育にとても力を注いでいらっしゃいます。
匝瑳がよくなること。人材が育つこと。それしかないじゃないですか。と言われていました。
英語と中国語も教えていくそうです。

b0034072_16183710.jpg
社員食堂と言っても、倉庫を改造した手作りの素敵な食堂でした。
あるものを使って、創意工夫がすばらしい。お金かけずに知恵をかけて。

b0034072_16211734.jpg
ここはどこ?撮影のセットのような雰囲気。


夕方、自宅に戻り食事の支度をしました。
高田さんのダーチャ村で、まきで炊いた玄米を頂いてから、
時々、真似をしてロケットストーブで玄米を炊いています。
少しづつ玄米の美味しさがわかってきました。

b0034072_16275901.jpg
先週は、犬も具合が悪いし、だるくて家族みんなやる気なし状態でしたが、
今週からは随分パワーが満ちてきました。夏至のエネルギーの影響だったのかしら?

おかげさまで老犬も、すごく元気に復活しました。私の足ももう大丈夫です。
動けることに感謝です。

良い時もあれば悪い時もある。
無理しないで動けない時は休み、気が満ちてきたら動く。
それでいいんだなあと思います。無理して頑張るから具合が悪くなるのだろう。


[PR]
by kisan35 | 2017-06-27 17:33 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31