ゴールデンウィークは4世代

今年のGWはお天気に恵まれて、気持ちのよい日々でした。
早朝差し込む日差しと窓から見える新緑が美くて、思わず
今日も生きていてありがとう!と心の中でつぶやきました。
生の充実感、この世は美しいのだと思わずにいられない。
今までこんなに美しかったかしら?

ただ、東京にいると身体が太陽の光に順応できないように思えて、
眠くないのに眠いみたいな感じでゴロゴロしてました。
匝瑳にいて農作業をやっていた方が身体が楽でした。

憲法改正、北朝鮮ミサイル問題などがあっても憂鬱になることなく、
淡々と自分を見つめていて、世界が違うところでまわっているような感覚です。

実家の母が泊まりに来ました。
ちょうどその日、結婚した息子も泊まりに来ていました。
こんなことは滅多にありません。
ばあちゃんも大きくなった息子達に、時々名前を尋ねながら、嬉しそうでした。
夜中に目が覚めても、横に寝ていると安心してすぐに眠るので、
ここはどこ?とパニックになることもなくてよかったです。

その翌日は、沖縄から二人の孫が来ました。
まだ保育園児は、保護者がいないと子供だけで飛行機は乗れないので、
大泣きしたそうです。
一緒に東京に行きたい〜
って言っていたみたい。かわいそうなことをしました。

ちょうど田植えの時期なので、
東京の遊園地で遊んだ後は、匝瑳の家に連れてきました。
b0034072_06332715.jpg
田植えははじめて

その日は、里山活動だったので、かまどでご飯を炊くのに使うたきぎを拾って来てくれました。
上の女の子は、焚き火やかまどが楽しいらしく、
風が吹くとボッと火がつくのが面白くて、火おこしも大好きです。
私も火が大好きです。
庭の枯れ枝や落ち葉を燃やすのも面白くて、時間を忘れてしまいます。

そんな話をご飯を炊きながら、田んぼの人と話していたら、
私もそうよ。だからお金払ってキャンプ場に行って、火をおこして煮炊きするの。
って言っていました。
結構、火が好きなひといるんだなあ。
前回、お米を作る楽しさと旅行の楽しさは違うと書いたけれど、
火おこしも魂が喜んでいる楽しさです。

火はいいです。

b0034072_06412040.jpg
ロケットストーブで夕食作り

幸い、匝瑳の家は庭で火を使えるのでありがたいです。
子供たちも大喜びなので、毎食庭で料理しました。

家庭菜園ではスナップえんどう、絹さや、いちご、おかのりが収穫時期をむかえています。
えんどうは今が旬とばかり、2日間かけて二人に採ってもらいましたが、食べきれないほどの量なので、
お土産に沖縄に持っていくことにしました。

今、孫たちを家に送って沖縄に来ています。
毎回、時間がなくて食べたかった沖縄そば、それも化学調味料無添加の沖縄そばを空港近くで見つけました。
「たから家」さん
軟骨ソーキがとろけるようで、しっかり油抜きされていてやわらかい。
カツオだしの汁も夢のようなおいしさ。
これは、ご褒美にちがいないと、偶然にしてもこんなにおいしい沖縄そばに出会えるとは。

田植えの最中、一泊で沖縄に来てしまいましたが、
来週はしっかり田植えをします。

成田空港情報の覚書。
ジェットスターの第三ターミナルは、階段の上り降りが何度もあって、機内持ち込みのトランクを持っていたので、
結構大変でした。思っていたより距離もありました。
手荷物検査を受けてから1時間も余裕があったけれど、延々と歩くので搭乗時間がすぐでした。

車は、P2に泊めましたが、空港駐車場は高いと思っていましたが、短期間なら場外の駐車場よりも安いかもしれません。
なにより便利です。

沖縄はもうすぐ梅雨入りです。
蒸し暑い。
b0034072_08453739.jpg
スパ CORANZON


コスタビスタホテルに入った瞬間から感じるほっとする空気感は、EMの力なのでしょう。
細胞から元気になります。
食事もどれもこれも美味しくて、私の中では日本中で一番好きなホテルです。

[PR]
by kisan35 | 2017-05-08 07:06 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31