大原幽学

千葉県旭市に大原幽学の記念館があります。
田んぼの作業がなかったので、訪ねました。
この地で、当時革新的な教えを農民に講演し、荒れ果てた田んぼの整地と人として生きる道を説いた方です。
日本で初めて共同購入という形が生まれました。
「和」と「孝」が生きていく上で大切な事、
人と人がつながり助け合、親孝行の道を農民に教えました。

大原幽学は、子供の教育にも長けていて、
8〜16歳の子供を一定期間、別の家庭で育て合う仕組みを作りました。
それぞれ、子供同士を交換して育てるのです。
これ、すごくいいなあと思いました。
いろいろな家庭で暮らすことは、
子供は、いろいろな親がいること
家庭環境があることを発見します。

b0034072_17425971.jpg

大原幽学の講演を聞きたいと人々が訪れ、たくさんの人が入る会場を作りました。
それが、なにか反乱を起こすのではないか?と疑われ、
今でいうヤクザが乱入し、幽学は裁判にかけられます。

その後、この地に戻った幽学は、
荒れ果てた田畑と人々を見、自害します。

正しい道を貫くと国にとっては脅威になるのは
昔も今も同じなのですね。

政府が圧力をかけるのは今も同じ。
戦いの時代をもうそろそろ終えたいです。

今回の滞在では。自宅の家庭菜園を高田さんに教えていただいた
地脈、水脈を生かす作業をしました。
b0034072_17434317.jpg
畑と芝生との間に溝を掘って有機物を入れました。
木々を燃やし、炭にして入れ、
b0034072_17540131.jpg
EM蘇生パウダーもまきました。

呼吸する大地になりますように。
この作業の結果が出るには時間がかかります。

匝瑳情報
ジョセフィーヌという会員制のドレッシングをいただきました。
ドレッシングといえば、増粘剤、乳化剤など添加されているのがほとんどですが、
ジョセフィーヌドレッシングは入っていないのです。
いつもこの工場というか家屋の前を通るので気になっていましたが、
ネットで一瓶2000円という値段がついているそうです。
味は、複雑ですが、卵黄を使っているので甘みがあります。
カルフォルニアでローリーズというプライムリブの老舗があります。
そこの前菜のサラダドレッシングは、創業者が鍵をかけて秘密で作っていると聞きました。
カルフォルニアのローリーズのサラダはロメインレタスをそのドレッシングで和えていました。
シーザーサラダです。
ジョセフィーヌドレッシングの味はローリーズのドレッシングに少し似ています。

旭の安心村市場
うちから車で15分、八千代牛乳も売っています。
自然食料品店。よく行きます。
牛肉が美味しくて安いのです。
しいな牧場では焼肉レストランも営業しています。

匝瑳は、屠殺場があるのでしょう。
トラックに豚が乗っているのをよく見かけますが、苦しまないでって祈ります。
でも、豚肉を食べている自分もいます。
匝瑳に来ると、たくさんのトラックに出会います。
肉=命に気が付きます。


[PR]
by kisan35 | 2016-12-06 18:23 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31