収穫祭と移住者

土曜日は、MY田んぼの収穫祭でした。
今年は、天候不順で、脱穀や天日干しの日程が予定どおり進まなかったにも関わらず、
全員の籾摺りを終え、収穫祭で玄米をお渡しすることができました。
半畝の面積で一番採れた人は玄米で20キロでした。

田んぼの収穫祭の様子は、こんな感じです。

来年もMY田んぼの募集がありますので、
ガッツリ田んぼ作業をやりたい方、お待ちしております。

詳細はSOSA PROJECTのホームページに載ります。

今年初めて田んぼ作業に参加した方からは、
「雑草取りがとても大変だった。」
「夢にまで見た。」という方もいらっしゃいました。
本当に暑い夏の時期の草取りは大変ですが、
自分で最初から最後まで育てた玄米を食べると、また来年もやろう!って思えるんです。
あまりに美味しくて、家族4人(まだお子さんは幼稚園児と3歳児)で6合も1日で食べたというお話も聞きました。
「パパ、お米を作ってくれてありがとう!」
って小さなお嬢さんの言葉を聞きました。

6合家族で食べちゃったTさんも匝瑳へ移住を考えていて、今家探しをしています。

すでに匝瑳へ移住して米作りを始めているご家族もいらっしゃいます。
以前、フジテレビで撮影された映像です。
こちらから見ることができます
ここに登場する越智さん家族の家に昨日行って来ました。
来月、第二子出産予定の奥様のお腹はすごく大きくなっていて、赤ちゃんも大きいそうです。

ほぼ自給自足。生活感溢れる家です。
写真を撮らなかったのが残念!日本ミツバチはいるし、トラクターはあるし、
庭先には、すごく太った鶏が放し飼いになっています。
もらってきた時よりも、すごく太っています。
なんでも卵を1個ぐらいしか産まなかった時に、餌にEMを入れたら5個ぐらい産むようになったそうです。
普通の餌に戻したら、また産まなくなったので、EMを入れたらまたたくさん産むようになり、
「EMってすごいですねえ」と言われていました。

赤ちゃんも大きくて、鶏も太っていて、
息子のH君も、しばらく見ない間に、しっかり固肥りになっていて、大きくなりびっくりしました。
今までおとなしかったのに、すごく元気で、パンツをはかずに遊びまわっています。

お父さんとお母さんが作ってくれるお米や野菜が身体の元気な細胞になって、
身体全体で喜んでいる。力強い生命力を感じました。
H君の変化を見て、移住してきてよかった!と心から思いました。

うちの孫たちもこんな風に育ったらいいのにって羨ましい。

千葉は放射能汚染の心配もあり、小さな子供がいる人の移住は気になっていたのですが、
大丈夫って気持ちが切り替えられました。越智さんはEMもたくさん使っています。

話が少しそれますが、肉も10分ぐらい薄めたEM発酵液に浸けてから調理するといいようです。
肉に使われているいろいろな薬品が液に溶け出していくと実験でわかったそうです。
なので、とりあえず買ってきたものは野菜でも果物でも魚でも肉でも
EMに浸けると安心ですね。

収穫祭が昼からだったので、午前中に土気の高田造園さんダーチャ村プロジェクトの
小屋作りワークショップに少しだけ参加しました。

伊勢神宮と同じ工法で、大地に炭化した木材を打ち込んで掘っ立て工法と言うのでしょうか、
うまく聞き取れなかったのですが、大地の呼吸を止めずに、炭になった木材から微生物が菌糸を出し、
しっかり固定してくれる工法です。その土地の植物、水脈など自然が犠牲にならずに最大限生かせるような家作りです。
雨上がりの山の中に数軒建っている小屋は、
湿度がなくカラッとしています。なのですごく気持ちがいいのでびっくりしました。
ところどころに穴を掘り、有機物を入れるようです。

九十九里の海前の我が家は湿気がすごいので、同じように敷地内に穴を掘りました。
b0034072_08503814.jpg
手前が穴です。
こんな風に自然の木や水の流れを整える方法があるのだ!っとすごく感心しています。

昨日は雨。
何年かぶりで13時間も寝てしまいました。
匝瑳に来ると、身体を動かすことが多く、熟睡できます。

家庭菜園はこんな感じ。
いつも癒されます。
狭いので、いろいろな野菜を少しづつ作っています。

b0034072_08562052.jpg
レタスの周りにはセロリの種が発芽しています。

b0034072_08573825.jpg
小松菜、小町かぶ、三浦大根。ここにもセロリの芽が生えています

b0034072_08590245.jpg
白菜は、虫食いがありますが、食べられそうです。

b0034072_09004611.jpg
いちごは春に収穫して、そのままにしていたらこんなに増えてきました。
何もしないでいいので楽です。

b0034072_09014587.jpg
赤オクラは台風でも倒れないで、こんなに大きくなりました。
長さが15センチぐらいになっても柔らかいです。茹でると緑色になります。

b0034072_09030416.jpg
オカノリ。ぬるっとしていてとても美味しい。

b0034072_09271315.jpg
辛いものが大好きなので欠かせない唐辛子。

落花生は収穫を終え、里芋、モロヘイヤ(そろそろ種になりだしています)など
自給率が高まりました。

東京では今野菜がとても高いけれど、ここに来ると野菜をふんだんに食べれます。
籾摺りに農家さんに行けば、間引いた大根菜をいただいたり、
越智家では、さつまいもやキュウイフルーツを山ほどいただき、
タマネギやサヤエンドウの種までもらいました。
食生活が豊かです。

我が家のお米の収量は今までで一番少なくて、4畝半で約170キロでした。
台風で倒れたし、もっと少ないかなと思いましたが、よくとれたなあと感謝です。

今日は朝日が眩しくて良いお天気です。
以前、庭には松の木が3本ありましたが、3.11の原発事故後
2本の松が枯れ、1本だけ残っていました。
EM活性液のボトルで囲って、籾殻くんたんをまいたりして養生してきました。
1ヶ月ぐらい前、庭で草取りしていたら
「そろそろ私は、いなくなります」という声が聞こえました。残りの1本の松が話しかけてくれたのがわかりました。気が付かなかったけれど、松葉が少し茶色くなり始めていました。

その松が、今朝逝ったのを感じました。もうほとんど枯れて生気を感じません。
松は切り倒すことになります。でも、話しかけてくれた松は何かしらの形でここに残っているのを感じます。

b0034072_09192467.jpg
上ってくる朝日と松。

これから籾殻くんたんを作り、種まきをします。
松の周りに水仙の球根を植えます。

[PR]
by kisan35 | 2016-10-31 08:20 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30