EMはいろいろ利用できます

今年は、今までにない高温多湿で、8月時点で千葉のお米の日当たりが悪い田んぼは
朝露が切れずに、発芽していたと農家さんから聞きました。

確かにおかしな天気でした。
NPO SOSA PROJECTで米つくりをしている人たちも、
今までなら水分量が18%ぐらいでも大丈夫だったお米が
今年は16%で籾摺りしたところ、カビ臭くなってしまったという連絡がありました。
ただ、シリカゲルと備長炭をたくさんいれた人はカビくさくないようです。

田植えから稲刈りまで終えて、籾摺りまで来たお米がカビ臭いのはとっても悲しいです。

私もかつてその経験をしています。
カビ臭い米は、発がん性があるとか言われていますが、
見た目でかびが生えていないのであれば、食べらます。

新庄水田トラストの無農薬米農家の高橋さんに尋ねたら、
精米していたとしても、洗って、新聞紙を敷いて天日干ししたらいいよ言われてました。
うちの米が数年前にカビ臭くなってしまっ時は,
最初にEM発酵液を入れて洗い、そのあとは普通に水道水で洗い、
きれいになったところで、EM発酵液を30%ぐらい加えた水に10分位浸水しました。
その後、その水を切って、きれいな水で炊いたところ、100%匂いが消えたわけではありませんが、
食べられるようになりました。
今回、カビ臭くなってしまった方に、EMを使ったらいいよとメールしたら、
食べられるようになりましたと返事がありました。

ネットで検索するとカビ臭い米は食べられないというコメントが多いけれど、
備長炭を使ってお米を炊いたり、EMを使ったり、
洗って天日干ししたり、
ダメな我が子を育てる感覚で、手当するといいと思います。

もうひとつ、EMの利用方法です。
今日は、とても寒いので、こたつのヒーターをダイニングテーブルにつけようと奮闘していました。
かなり古いヒーターなので、ネジがさびついて回らない!
さて、どうしよう?って思って、EM1の原液をティッシュペーパーに浸して、
約10分ぐらい置いたら、さびがきれいになり、ネジを取ることができました。
さびたネジは、EMを湿布するといいです。

EMは匂いも消せるし、さびもとれる

微生物の働きは、すごいのです。



[PR]
by kisan35 | 2016-10-25 18:39 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30