お盆休みは漆喰塗り

土曜日に匝瑳に来ました。
普段、首都高は混んでいても東関道が混むことはないのですが、
宮野木まで、結構混みました。
お盆だからなのだ!と気がつきました。

匝瑳はお年寄りが多いところではありますが、
道すがら、新盆の提灯があまりに多くて、とにかく驚きました。
「チェルノブイリへのかけはし」代表の野呂さんが、チェルノブイリの原発事故後
5年目からいろいろな症状が現れ始めると言われていたので、
その言葉が頭をよぎります。

田んぼは、どの田んぼも穂がつき始めていたので、
水を落としました。
先日の台風5号の影響で、うちの稲は少し倒伏しました。
昨日見たら、元に戻っている箇所もありますが、
冬期湛水不耕紀のデメリットが倒伏しやすいのかもしれません。
よく見てみると、種もみから育てたところは倒伏していないので、
昨年かなり倒伏してしまった種もみが学んでくれたのかなあ。
その地で代々育てることの大切さを学んだ気がしています。
田植えの時は、藤崎さんの苗がやはり成長も早いし立派なので、大丈夫かなあと思いながらも
もうすぐ収穫の時期を迎えると、チビ苗が倒伏もしないししっかり根を張って、がんばっています。

田んぼ作業もやることがあまりなく、
家庭菜園も、夕方水をやるくらいなので、
しばらくやらずにいた台所の壁の漆喰塗りを始めました。

やり始めると楽しいもので、この2日間で仕上がりました。
消石灰と珪砂6号とこなつのまたを水を加え練って塗ります。左官作業です。
壁紙を剥がし、漆喰を塗ると、家が呼吸をし始めます。

DIYで漆喰塗りも楽しいですよ。家の空気感が変わります。

今日は、時に農作業もないので、
朝から漆喰塗りをして、昼に歩いていける食事処「たつみ」に行きました。
11時半に行ったのでよかったけれど、12時の時点では30席ぐらいあるのに全部埋まっていました。
観光客だけでなく地元の人にも愛されている「たつみ」なんですね!

マチャルは日替わり定食1200円、カキフライとエビフライとお刺身定食。
私はカツカレー950円

その後、ひたすら漆喰塗りをして完成しました。
ひび割れの塗り直しは来週来た時にやります。

秋の虫がないていて、ここは布団がないと寒いくらい。
暑い、暑いといいながら、もう秋の気配を感じます。
b0034072_18313463.jpg

[PR]
by kisan35 | 2016-08-14 18:24 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31