ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

田んぼと家庭菜園と意識

梅雨の中の晴天二日間を匝瑳で過ごしています。
風がさわやかで、とても気持ちがいいです。
ここに来ると、いつもエネルギーチャージさせてもらっています。

田んぼ稲や、畔の大豆はとても大きくなっていました。
二人で、田んぼと畔の草取りをして約2時間半。
午前中に作業が終わりました。

b0034072_18053513.jpg
泥おい虫で白くなった葉を追い越すように元気な葉が出てきています。
水草で水面が覆われています。

b0034072_18071460.jpg
かえる君。

b0034072_18081393.jpg
MY田んぼの人たちの水田の中の大豆畑も順調に芽が出ています。

東京で塩漬けにした豚バラ肉を燻製にしました。

b0034072_18101775.jpg
b0034072_18121892.jpg
いい感じにできました!

昨晩は気持ちの良いお天気でしたので、庭で食事をすることにして、
ロケットストーブでオムレツや炒めご飯を作り、海風を感じながら食べていた時にふと感じたことがあります。

家庭菜園は今、おかのり、きゅうり、小松菜、セロリ、シソの葉が食べられます。
その中でも、勝手に生えてきた冬瓜がものすごく元気なのです。
で、ふとタイムトリップして、そうだ!
昨年、やはり勝手に生えてきた冬瓜があり、雑草がぼうぼうだったので、
元の茎を誤って切ってしまったのです。
あ!やっちゃった。
しばらくすると、命の元を切られてしまった冬瓜はしなしなとしてしまいました。
ものすごく後悔して、見るたびに辛くなりました。
数週間すると、根付いたところから先は元気になりましたが、冬瓜を実らせることができませんでした。

昨年切ってしまった冬瓜と、今年の元気な冬瓜は同じ場所から生えていることに気がついた時、
意識の力の大きさを感じました。
流産してしまった赤ちゃんは、もっと元気な遺伝子をもって、
また生まれてくると聞いたことがあります。
植物も同じなのかもしれないな。

冬瓜を切ってしまってから、こちらに来るたびに草取りをするようになりました。
今年は、この冬瓜は実をつけてくれることでしょう。

外で食事をしながらそんなことを感じていたら、
自分の目指す未来をしっかり意識することで、今は変化なくても世代を超えて変わっていくのだと思いました。
あきらめないで結果を求めず、意識を保っていくこと。
そんなことに気がついたら、いろいろな問題が解決に向かう気がしてきました。

問題にフォーカスするのではなく、解決にフォーカスすることとは
カウアイの農家さん『ワンソングファーム」のSUNさんも言われていましたが、
そのことを野菜の苗から教えてもらいました。
その記事はこちら

あきらめないで意識を保つこと。
自分の意識から恐怖心をなくすこと。

クンダリーニヨガの瞑想でも、自分の恐怖心を燃やし尽くす瞑想があります。

b0034072_18364741.jpg
りこちゃんからいただいた金ごまが育っています。この葉っぱも食べられるのかしら?
もう少ししたらトマトも色付くし、モロヘイア、赤オクラも順調に育っていて楽しみです。
今、イチゴがライナーが長くなり、まだまだ実をつけていて食べられます。
完全に赤くなると、虫に食べられてしまうので、ちょっと白いところが残っているくらいで食べていますが、
ものすごくおいしいです。

家から車で10分ぐらい走ったところに「鈴木屋水産」という魚の卸のお店があります。
b0034072_18384045.jpg
先ほど行ったら、かつおが500円。
安くて嬉しいです。鮮度がいいので、たくさん茂っているシソの葉で食べようと思います。


[PR]
by kisan35 | 2016-06-27 18:51 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)