ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

アースバックハウスその後と心と病

数週間ぶりにアースバックハウスを訪れました。
強風でビニールシートが破れてしまったので、新しいシートで雨漏りを防ぎました。

b0034072_17124097.jpg
ちょっとカッコ悪いけれど、修理するまでこんな感じです。
田んぼ作業が終わったら本腰入れてアースバックハウスの雨漏りを修理しようと思いました。

b0034072_17172932.jpg
ここに住んでいるK君。
とても快適だそうです。しかも音響がいい!
写真に縦線が入ってしまいました。
夏は涼しいアースバック。

b0034072_17200407.jpg
ドラム缶風呂の隣にキッチンもできていました。

数週間の間に、着々と生活空間になってきていてびっくり。
野菜畑も作っています。
会うたびにワイルドになり、本人は野人化していると言っています。
蜂の巣があれば取って、蜂の子も食べたそう。
無口だったのに、よくしゃべるのにもびっくり。
いい変化がおこっています。

話は変わり、
昨日、匝瑳に移住したファミリーのパパのお話です。
パパは以前脳腫瘍になり、病院で手術しました。
完全に腫瘍は取りきれずに、先生は「再発したら寿命はあと何年位。でもその時は、今よりももっと医療技術が進んでいるはずだから」と言われたそうです。
開頭手術をしたので頭蓋骨はチタンで片耳は聞こえません。

当時彼は、やりたい仕事に受かり、
毎日が楽しくて、楽しくて、脳腫瘍のことを全く忘れている時間が多かったそうです。
5年経ったところ、脳腫瘍が石灰化していたそうです。

心と病は繋がっているのはやはり本当のことだと思いました。

[PR]
by kisan35 | 2016-05-30 17:38 | その他