ピラティスとつながり

週末ファーマーで東京での滞在は4日間ですが、
その間、ヨガとピラティスに通っています。
ヨガは8年くらい、同じ先生(80歳)に教えていただいています。
母と同じ年で、これだけ生き生きとしているのは(母や認知症)ヨガの効果だと思います。
ハタヨガで、ポーズはゆるやかですが、私はこのゆっくりとした流れがとても合っています。
でも、合わない人は合わないと思います。
40年近くヨガをやってきて、一番大切なのは呼吸(腹式呼吸)だそうです。

私自身は、いつも脈拍が多くて、結構がんばって生きているのだなあって思いますが、
ここで2時間ヨガをした後は1分間に20は下がっています。
副交感神経優位の身体になっているので、いろいろな免疫細胞も活性化しているはずですし。
副交感神経優位になると脳波が変わります。
α波、シータ波
それがとても気持ちが良いのです。

風邪をひいても一切薬を飲まずに、呼吸で治せる先生は素晴らしいです。
ご縁があってこちらで学べることが嬉しいです。
先生はスピリチュアルなことは言いませんが、場の空気を絶対によんでいると思います。
自分は場の空気がわかるとは言いませんが、私が瞑想の時思うことに、答えてくれているのを感じます。
そんなこと考えちゃダメとか、誰にいうことではなく言います。
私が先生のこと心配する気持ちを感じると、もっと集中してと言われます。
言葉ではないコミュニケーションがなりたっています。

ピラティスは、自分の身体の動き、たとえば頭の傾き具合とか歩き方が自然体ではないと思い、週に一度通い始めて
3ヶ月か4ヶ月になります。
身体の使い方が悪いと、私のように座骨神経痛になったりテニス肘になります。
今までは、それを直してもらおうと思っていましたが、
自分の身体のくせはどこかにひずみを起こしているので、
それがわかると、誰かに頼らなくても自分で治せると思いました。

今日もピラティスに行きました。
寝ている時、足をつることが多かったのですが、最近はつらなくなりました。
今の時期は寒くて、足先が冷えていることが多いです。
ピラティスでは、足のつま先をバレリーナのトウをたてるポーズがありまして、
私はこのポーズは足がつると思い、とても怖いのです。
先生にそのことを言いましたら、
みんな一緒だと大丈夫。
どこかで反発するからつるの。
って言われました。

足先の指先だけを曲げるのではなく、足首から足先までを伸ばす感じで曲げると
全然問題がないのを発見しました。

ピラティスは自分の歩き方のくせとか、頭の位置とか、
それまでの普通にやってきた行動が、ひずみや痛みになるのを教えてくれます。

私はと言いますと、
今まで忙しかったんですね。
体重がつま先になっていますと言われていました。

体重をかかとに移し、歩くときは、母指球で大地を踏み腹が前にでるようにあるくこと。
手を振ることで、一歩がぐんぐん進んで、今までの歩き方がおかしかったし、身体に負担をかけていたことに気がつきました。
駅に自転車をとめていたのに、歩くのが楽しくてすっかり忘れてしまって、、また引き返して自転車で帰宅しました。

歩き方は、大切です。



[PR]
by kisan35 | 2016-01-14 19:23 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31