横隔膜を動かして腸内細菌を動かすのがいいみたい 


今日は、朝から気温がぐんぐん上がり、庭にプールを出してあそばせることにしました。
EM発酵液を入れて、EMプールです。
b0034072_14593933.jpg
家庭菜園のEMミニトマトはこんなに大きくて食べ応えがあります。

b0034072_15032363.jpg

b0034072_15200910.jpg
2株のトマトの株からは毎日多い時で30個少なくても10個は赤い実をつけます。
孫が「トマトがおいしい」って毎日トマトを食べています。
一緒に植えたホーリーバジルも元気に育っています。

EM野菜は大きくて収量が多くて、収穫時期が長いです。
比嘉教授が、EMを使えば食糧難がなくなるって講演会でよく言われていますが、
本当だと思います。

市民の放射能浄化研究室の金子さんのお話で、EMの乳酸菌、酵母、光合成細菌のコンビは
乳酸発酵が酵母醗酵を援助し、酵母生成グルタチオンが光合成量を
1.5倍にすると、乳酸発酵が2倍になるので、鶏と卵の関係で限界突破すると分かりました。

海水でEM発酵液を作ると、こんな風に酵母がたくさん表面に浮いてきます。
b0034072_15205041.jpg
酵母は浮くので、時々ボトルをよくふってあげます。
ぬか漬けも、上の方の産膜酵母が空気に触れないようにかきまぜるので一緒です。
ミネラルいっぱいの海水のEM発酵液は、田んぼ、家庭菜園で重宝しています。

EMで放射能が減るかどうか実験を続けていますが、
最近わかったことで面白いことがあります。

それはボトルをよく振ると、放射能が減るのです。

金子さんは、酵母と乳酸菌は泳げないので、汚染物資を吸着または内部被曝させるためよくシェイクし、
私も、よくシェイクしたところ、セシウム137を2ヶ月間で約58%まで減らせることができました。
EMを投入するだけでシェイクしないと、あまり減りません。(それでも通常の半減期よりはずっと早く減るのですが)

この汚染水を身体の中の放射能に置き換えてみるなら、EM野菜を食べ、風呂に入ったり、太陽を浴びて身体を温め、
横隔膜を動かす腹式呼吸をして、腸内細菌がよく動かせるようにしてあげることが大切だと分かりました。
ヨガの先生が1に腹式呼吸、2に腹式呼吸、呼吸が大切といつも言われているのにもつながっています。
よく笑うと免疫力が上がるのも、横隔膜が動くので腸内細菌と栄養がよく混ざるからだそうです。

健康のためにも、腸内細菌(フローラ)を増やし、よく笑いましょう!長生きの秘訣はここにあり!




[PR]
by kisan35 | 2015-07-25 15:46 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー