山菜は今でも産地に気をつけて

昨日届いた「福島日報ダイジェスト」のメルマガを読んで、びっくりしたので書きます。

6月1日に発表された「食品中の放射性物質の検査結果について(第932報)」によりますと
福島県を除く46の自治体の検査結果から入手した放射性セシウムの検出検査結果7,103件のうち
国の定めた基準値 100Bq/kgを超える数値が検出された検体は27件でした。
主な産地、品目、数値は次の通りです。

長野県産の野生のタラノメ3件から
105.6Bq/kg~231.2Bq/kg

長野県産の野生のコシアブラ3件から
139.4Bq/kg~684Bq/kg

長野県軽井沢町産の野生のゼンマイ1件から
590Bq/kg

宮城県気仙沼市産の野生のタラノメ14件中の9件から
32.91Bq/kg以上の数値が検出されその中の1件から116.9Bq/kg

宮城県気仙沼市産の野生のコゴミ17件中の10件から
125.2Bq/kg~277.4Bq/kg

宮城県産の野生のワラビ2件から
114.1Bq/kg

宮城県大崎市産の野生のコシアブラ4件中の3件から
146.2Bq/kg~449.1Bq/kg

宮城県大崎市産の野生のゼンマイ9件から
25.17Bq/kg以上の数値が検出されその中の3件から125.5Bq/kg~489Bq/kg

新潟県津南町産の野生のコシアブラ1件から
135Bq/kg

以上、厚生労働省発表「食品中の放射性物質の検査結果について(第932報)」の要約でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長野県の山菜でもかなり高いので要注意です。

原発事故の放射能汚染は、これからもず〜っと続いていくので気を抜かないでいかないと思いました。

チェルノブイリでは貧血になる子供が多かったそうです。
森下先生の唱える腸造血説によれば赤血球は腸の壁(柔突起)で作られます。
腸に放射線を当てると、それらが折れてしまい、赤血球が作れないそうです。
クロロフィル(野菜や海藻など光合成をおこなう生物に存在する緑色の色素「葉緑素」)が貧血には効果があるそうですが、高価です。

EMで育てた野菜は、光合成能力があがり、クロロフィル(クロロフィラーゼ)が増えるそうです。
生ゴミをEMぼかしで堆肥にして、土に埋め、EM発酵液を薄めてまいてあげれば、簡単にEM野菜を作ることができます。家で食べるものなら、形が悪くても構わないので、本当に簡単です。

光合成能力がアップするから、植物が大きくなり、収量が上がるのです。
今年の都会の小さな家庭菜園は、夏野菜が夏至頃からどんどん大きくなり、実をたくさんつけています。
b0034072_19402618.jpg
カウアイから戻ったら、すごいことになっていました。
もう手入れはできないので、どんどん大きくなって頂戴と何もしません。
私でさえ簡単にできるので、EMで野菜を作って、食べて欲しいなあって思います。

健康の為にも、大地の為にも、家計の為にも、
生きること、生活することは食べ物を作ることから始まるって思います。
食をを人任せにしないで、取り戻せたら、未来は明るいだろうなあって思います。

昨日、ミツバチの巣箱を見に来てくれました。
b0034072_19514355.jpg
枠を増やしていなかったので、すごいことになっていました。
こんなに増えていました!
八田さんは、ミツバチの様子をみて、とても健康で落ち着いているって言っていました。
順調にミツバチは増えています。
ただ、床には結構ミツバチの死骸があります。
見ていると、ふらふらと床を漂っているミツバチがいます。
これは農薬汚染されて、巣にたどり着いたけれど、力尽きて死んでしまったミツバチのようです。

食は命につながることを思い出して、お金がなければ食べられないのではなく、
自分の食べるものは自分で作ると、不安がなくなります。
病気にならない安全な野菜をEMを使えば初心者でも簡単にできることを知ってほしいなあと思います。














[PR]
by kisan35 | 2015-07-03 20:15 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31