便カプセルで難病が治る

先日の和光イーエムショップでの杉本一朗先生のお話は面白かったです。
健康な人の便をカプセルに詰めて、それを飲むとあらゆる病気に効果があるというお話。
難病、癌、自閉症、鬱、ありとあらゆる病気治る可能性があるそうです。

「便カプセル」で検索すると結構ヒットします。
たとえばこちら
そのうち日本でも販売されることでしょう。

腸内細菌叢が整うと、病がなくなります。

アメリカで便カプセルを飲んで、病気がよくなった人がどんどん太り出したそうです。
便の提供者は、とても太っていたので、腸内細菌は体系の鍵もにぎっているのです。
驚きです。

行き過ぎた除菌、殺菌、抗菌が現代病をひきおこしているのですね。
便を飲んだり、寄生虫を飲んだりして難病を直す時代になりました。

友人のお孫さんが気管支肺炎で入院して、約2週間抗生剤の点滴を受けたら、
とたんにアトピー性皮膚炎になりました。
うちの息子と同じです。
4歳までに抗生剤を使うと、アトピー性皮膚炎になる可能性が高まると聞いたことがあります。

有機水銀の入ったインフルエンザワクチンで自閉症になることも分ってきました。
アメリカ政府がついに認めたそうです。こちら

周りでどんどん増えている認知症も、薬が原因かもしれません。
母は精神安定剤を20年近くも飲んでいます。

マイクロバイオームの研究が、ついに実用化されたのが便カプセルになるとは驚きですが、
日本人は発酵食品を食べ、腸内細菌を整える食生活が古来から続いています。
発酵促進剤を使って短期間で発酵したものはだめですよ。
日本の食文化、特に発酵食品は後世まで伝えていきたいものです。

さて、暖かい日には、うちのミツバチも活動を始めました。
ハチミツもお水を加えると発酵してお酒になります。

b0034072_16553581.jpg
何をやっているのかと思ったら、
b0034072_16560857.jpg
入り口が狭いのでしょうか?床を削っていました。賢いです!

寒いこの時期、自家栽培の大豆で作った醤油絞りをします。
今年は、良い方法が見つかり楽にしぼっています。←男の人の仕事
b0034072_17101198.jpg
バットに滴り落ちる一番しぼり生醤油。
もろみを布につめて、ぎゅ~っと絞る2番醤油。
今年は別々に保存してみます。
昨年絞ったお醤油は、一年たって、オリが下に沈透明な美しい色になりました。

今月末にはお味噌を仕込みます。

日本の発酵調味料は、昔ながらの作り方がいいですね。
便カプセル飲まずに、発酵食品食べて、腸内細菌叢を整えようと思います。

[PR]
by kisan35 | 2015-02-15 17:19 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31