日々の暮らし

この時期は、大豆の殻むきに忙しいです。
b0034072_17195818.jpg
さやからはじけた枝豆(大豆)が零れ落ちています。
虫食いをはじく作業ですが、枝ごと降ればたくさん落ちてきます。
2月の末の味噌仕込会までに、地道な作業が続きます。
毎年、この時期のブログは同じこと書いているなあって昨日気が付きました。
不思議とこういう作業をやっていると、大豆からエネルギーをもらうのか分りませんが、とても元気になります。

今日は、化粧水がなくなったので作りました。
ローズのハーブウオーターにプラナロム社のアロマオイルを加えて作りました。
ミイラ作りで使ったと言われているミルラ
フランキンセンス
ラベンダー
ローズウッド
パルマローザ
にがり
を加えて、うっとりするような香りになりました。
香りってすばらしい!
作っていると細胞が目を覚ますような感覚を覚えます。

夫が指を無くした時、消毒で使っていたクローブのハーブウォーターがあったので
その効能をネットで調べたところ、口腔消毒にとても良いらしい。
マウスウォッシュのように使えるとあったので、早速うちの犬が歯槽膿漏で口の周りや鼻孔が臭いので、使ってみました。
クローブウォータは歯医者さんの消毒薬のにおいがします。
もし、これで効果があれば嬉しい。

植物は人を助ける力を持っているので、ありがたいなあって感謝が沸き起こってきます。
大豆の殻をむく作業も、単調ですがこうやって殻をむけるのは、両手が使えるからだって思うとありがたいなあって思います。
最近、年のせいか感謝することが多い日常です。

先日、聖護院かぶらを二ついただいたので、千枚漬けもどきを作ってみました。
大人の頭ぐらいある大きなかぶで、最初は丸のまま薄く包丁で切ったのですが、途中で厚くなってしまうので、
あきらめて半分に切って、薄く切るようにしました。
本来はカンナで削るようです。
一晩塩を適当にふって重しをしたらかなり水が出てきましたので、
翌日は、昆布、ゆず、とうがらしを並べて、配合調味料を加えました。
千枚漬けの作り方を検索していたら、甘酢が多くて、砂糖をかなり使うので、
今までかぶらの甘さだと思っていたのが砂糖の甘さだったことに気が付きました。

せっかくなので、あまり砂糖を使わないその代りにみりんを加えるレシピを見つけて漬けてみました。
b0034072_17450695.jpg
かなりいい加減ですが、今日の昼に食べたらいいお味。
昆布のヌルヌル感とかぶがよく合います。
一晩塩漬けした時出た汁は捨てるのがもったいないので、それでEM発酵液を仕込んでみました。
野菜の酵母菌と塩入り発酵液は、どんな感じに仕上がるのか楽しみです♪

聖護院かぶの先っぽは割れていたので、その部分はカクテキにしてみました。
b0034072_17483037.jpg
これもかなりいい加減で何も参考にしないで適当に作りましたが、う~んどうなんだろう?
自分で作ったものって、評価が低くなりますが、昼ごはんに出したところ、夫がうまいって言うので、まあよかった!
いただいた大きなかぶらはこのようにお料理させていただきました。

こんなことやっていると一日があっという間で、ますます外出するのが億劫になります。
これではいかんなあって思うのです。

[PR]
by kisan35 | 2015-01-13 18:01 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30