口にいれても安心な洗剤作りました


自宅の食堂の窓ガラスが汚いなあって、昼ごはんを夫の勝さんと食べながら感じていました。
不思議と男性は、気がつかないみたいですね。
明日から雨模様なので、今日はきれいにするぞ~と、いつものようにEMを入れた水をスプレーし
しばらくたってからふき取り、乾拭きしていたのですが、かなり大変でした。
一年に一度の窓ふきだから仕方ないかもしれませんが、窓ガラスに光があたると拭きむらが浮き出てくるのです。
モデルハウスではないので、いつもは気にならないのですが、
来月お掃除講座をやることになったので、俄然研究モードに突入しました。

汚れを落とすには弱アルカリ(P.H.8~11)がいいそうです。
中性洗剤もいいのですが、(ph6~8)皮膚に負担をかけないらしい。

できれば弱アルカリの洗剤がいいですよね。

こんなことが分ってきて、じゃあ~弱アルカリ洗剤を作ればいいんじゃんと作りました。

b0034072_19533440.jpg
作り方は簡単です。
200ccの水に重曹を小匙1杯、EM発酵液を大匙1杯をよくまぜました。
重曹はアルカリ、EM発酵液はうちのはPH3です。
なので加減してください。

この弱アルカリ性の水は(寺田本家の醍醐のしずくの瓶にいれました)
窓ガラスから、家中の拭き掃除に抜群の洗浄力を発揮してくれます。

原料は水と重曹とEMだけなんです。
ほとんどタダです。

窓ガラスをふく時、この液を雑巾に少し湿らせて(少し湿らせるのがポイント)
EMをびしょびしょにスプレーしてふき取って、乾拭きよりもず~と楽にきれいになります。

弱アルカリ性がGOOD!
EMを使えば、非イオン効果で、汚れがつきにくくなるので楽です。

なんで、こんな簡単な事に気が付かなかったんだろうって思い、
この洗浄力が抜群なので、家中の窓ガラスをふき終えてしまいました。
今までの窓ふきよりもはるかに楽にきれいになりました。

お試しくださいませ。



[PR]
by kisan35 | 2014-10-31 20:07 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー