ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

匝瑳と東京比べ

台風が通過中の匝瑳より
すごい雨だあ!

週末は匝瑳に滞在することが増えています。
匝瑳に来ると感じるのは、開放感です。
道路が渋滞することもないし、車を運転していても
視界が広くて、気持ちが良いです。
住んでいるところは、夜は真っ暗なので、夜空には天の川を見ることができます。

東京生まれ、東京育ちなので、匝瑳暮らしが新鮮です。
いいなあと思えるところを書きますと、

人が少ない
高い建物がない
食料品が安い(野菜は都会の半分以下の値段です)
のんびりしている
家族経営のお店が多く、食堂は安くてボリュームがある
畑で仕事をしている元気なお年寄りが多い
東京にいると誰かに見られている感じが強いけれど、ここではそれがないので、
長靴はいてスーパーに買い物に行ける
銚子の漁港が近いので、新鮮な魚が安い(放射能の心配はありますが(-_-;))
大型乾燥機のあるコインランドリーが充実している
日本で一番早い日の出を見ることができる

東京で買い物をすると、結構な値段になりますが、
匝瑳では、直接有機農家さんに野菜を買いに行ったり、いただいたり
家庭菜園でも少し作っているので、驚くほど食費が安くすみます。
お金を使わないのも気持ちがいいです。

一日の空の移り変わりを眺めながら、夜は月や星を眺め虫の声を聞く暮らしは、
東京の周りが家に囲まれて、空が少ししか見えず、隣の家の人の声が聞こえる生活が結構ストレスあったんだなあと思います。

東京はどこに行くのも便利で、匝瑳では車がないと生活できませんが、
開放感に勝るものはありません。

こちらに移住した仲間がいるから、楽しさも倍増です。

いいことがいっぱいの匝瑳暮らしですが、犬の散歩は注意が必要です。
この辺では、放し飼いの犬がたくさんいて、出くわすとこわいです。
先日も散歩中、大きな放し飼いの犬が向かい側からやってきて、目があった瞬間、
こわ!って思って、急いでうちの犬を抱っこして家に戻って門を閉めました。
間一髪で、ドキドキしました。
近所の男性は散歩する時、いつもゴルフクラブを持っているので、
海岸で素振りでもするのかなあって思っていましたが、
用心のために持ち歩いているんだ!って気がついたわけです。
自宅の門も隙間が広かったので、知らない犬が庭にいてびっくりしたことがありました。
散歩にでもいっておいで!って放しちゃうのも東京では考えられないことです。

匝瑳にいると、農作業や大工仕事などやることがたくさんあります。
身体を動かすので、夜はバタンキューで早寝早起きの生活。
健康になります。頭で考えるより身体を動かす時間が長いので、無になります。
田舎暮らしをおすすめします♪

総務省が募集している地域おこし隊もいいですね003.gif
伊豆の松崎町に地域おこし隊で移住したAさんご夫妻も、
もう東京での暮らしは考えられないって言っていました。
Aさんは地域おこし隊で、3年間月額15万円の給与と借家(一万円)庭付きの一戸建て、軽自動車(無料)を借りられ、
朝8時から夕方5時まで、棚田再生の仕事をしています。
地域の集まりにも参加し、人望があり地元に溶け込んでいます。
妻のYさんも、近所の民宿でパートで働くことができ、朝釣った新鮮な魚をいただいたり、
家に帰ると、野菜が届いていたりで、外食することもなく、お金を使うところがないって言っていました。


b0034072_08551600.jpg
こんな美しい棚田が仕事場って、すてき!

都会でのサラリーマン生活に疲れたり、
放射能のことが気になる人は、地域おこし隊で移住するといいと思います。
期間終了の3年後も、田舎は過疎化しているので、畑や田んぼを使ってくださいと言われることがあり、空き家もあるはずです。
自然の中が仕事場って健康的!

地域おこし隊のホームページは、こんなところに住みたいなあって妄想を膨らませてくれます。


b0034072_08284717.jpg
我が家の目の前の吉崎浜。 ブルームーン

田舎で暮らす生活もすてきなんですよん。

[PR]
by kisan35 | 2014-10-06 09:24 | その他