疲れない身体

女性は閉経すると、それまで使っていたエネルギーを他のところに使えるから、がぜん元気になると聞いていましたが、そのとおり。
今までで一番元気で疲れない身体になっています。
それだけではないと思いますが、このところの自分の身体が絶好調なのです。
先日もEM農業塾で訪れた鎌倉のEM農家さん小泉農園の小泉さんも言われていましたが、
活性液を飲むようになったら疲れないそうです。
疲れないから、無理がきくので、ぼかしを作っていたら腰痛になったそうです。
私もEMを飲んでいるから、身体がしっかりしてきたし、
贅肉がなくなって筋肉が増えているのを感じています。
なので、細マッチョっと言われるくらい、重いものを持ち上げることができるようになりました。

20~40代の私はいかにひ弱だったことかあ。
あのころの指輪は、すでに小指にも入らないくらい骨太の手になりましたが、
それが誇らしいです。自分が力持ちになったのは、今までできなかったことができるようになったということ。
活動範囲が広がります。
農作業をしている女性は、白魚のような手にはならず質実剛健という感じの手になりますが、
それが美しいって思えます。

9月は、あっという間に終わり、農作業も佳境で忙しいけれど、
全然疲れない。次から次へと、大工仕事もやったりして、難なくこなせていました。
でも、気が付くと、あれ?腰が痛いかも。これ以上やるとぎっくり腰の心配ありそう。
疲れないと、いくらでも動けちゃうけれど、この肉体は老化しているから、身体のバランスの悪さを
どこかにためちゃって、私の場合はそれは右腰なのですが、ここが滞ってくるとマッサージをお願いします。
これで、ほとんと大丈夫です。
マッサージの人が、2か月ぶりですねえと言われていて、
自分でもずいぶん丈夫になったものだと感心しています。

昨日とその前の週、ヨガでいつものように脈拍を測っていたら、
なんと過呼吸気味の私はだいたい80以上あったのですが、
72に下がっていました。先生が「変わってきましたね」と言われていて、
確かに2時間のヨガの後は56まで下がっていました。
ヨガを始めて7年間、それまでは80~60だったのが、ここにきて
70~50にがくんって脈拍が減ったのも疲れない原因かもしれないと思っています。

人の心臓のポンプは寿命があって、決まっているから、脈拍が少ない方が長生きできます。
脈を下げるのは副交感神経だから、それだけ身体がリラックスしているので、免疫力も高まります。
確かに、そのとおりだと体感しています。
今は、息苦しいことはないので、腹式呼吸ってすごいです。
ヨガでは今クンパカを練習していて、これがうまくいくと、酸素の交換がスムーズに行き、肺胞は普段閉じているけれど
そこにも微量に酸素が送り込まれるそうです。

もうひとつ変わったのは、あまり考えなくなったこと。これがいいのかもしれません。
ヨガの先生も、いろいろな悩みや思いがあっても、呼吸を深めると気にならなくなります。と言われていますが、
その通りで、神経をすり減らすことはだんだんやめようって身体が感じることができるようになります。

ということで、最近はものすごく元気で、いつも何かに感動して、よろこびいっぱいの日々を送っています。

土に触れていることが、こんなにも癒されるって思わなかったです。
私の場合は、嫌な事や悩みは呼吸よりも農作業で大地にアースしている気がしています。
農、微生物(発酵食品)、呼吸がとても大切です。
薬に頼らずに、健康になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月13日木曜日10時より北浦和の和座檜にて
杉本一朗先生(医療法人照甦会理事長脳神経外科医)による勉強会を開催いたします。
高坂早苗さんによるEM活性液の使い方及び作り方も学ばせて頂きます。
お昼をはさみますので、御弁当御持参なさいます方はどうぞお持ち下さい。

希望者のみおにぎり2個とお漬物を200円で御用意いたします。
参加費は2000円です。
御興味のある方事前にご予約、御参加くださいませ。

(人数に限りがありますので先着順で〆切させて頂きます)


☆ご予約は和座檜までお願いします

杉本一朗先生の病院はこちら(コラムが勉強になります)

以前書いた和座檜のブログはこちら





[PR]
by kisan35 | 2014-10-02 19:33 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30