夏!

関東は梅雨明け!
暑い!暑い!
千葉の家が涼しいので、東京に戻ってくると朝から汗が噴き出してきます。
メガネが汗で曇って本も読めない。
外を歩いていてもアスファルトからの照り返しと無風状態で、気持ちが悪くなります。
夏は一番好きな季節ですが、毎年この夏の熱気と都会の滞った空気感が苦しく感じます。
汗をかくのはデトックスですから、この時期はどんどん汗をかいてとりいれちゃった放射能を出しましょう!

b0034072_19134421.jpg
サーファーたちが集う吉崎浜

今年のお米は、例年よりも1か月も早く花を咲かせましたので、稲刈りが8月中かもしれません。
b0034072_19231264.jpg
うちだけ特別に早いと思っていたら、他も早いようですね。
植物はセンサーが働いているから、地球規模で何か起こっているのかもしれません。

EM農業塾に通い始めたおかげで、今年の夏野菜はなかなかいい感じで収穫しています。
匝瑳と東京の家庭菜園では、桃太郎トマトは順調に収穫しています。
これも、トマトは元肥はやらずに、水もあげないほうがいいと教えてもらったおかげです。
EM発酵液を散布していますが、おいしいです。
なんでも初めての体験は、感動を伴って嬉しいです。
これが、トマトは当たり前のように作れるって思うと、このワクワク感がなくなるのでしょう。
今は、毎日見ては、脇芽を欠いていますが、実ができる前でもトマトの近くに行くとトマトの香りがします。
全部がトマトなんだ!って自分で作ってみて実感しました。
トマトを買っている時は、赤いトマトがトマトと思っていました。


そして、きゅうりも初めての収穫です。
b0034072_19323614.jpg
狭いスペースなので、普通よりも身の丈を低くピンチしました。
このきゅうりの苗は、植えた時は、全然大きくならずに葉が黄緑色になってきて、もうだめかもって思いました。
「菌ちゃん生ごみ野菜作り」の吉田先生の講演会で、それはマグネシウムが足りないって書いてあったので、
早速、EM発酵液ににがりを入れてまいたら、それからぐんぐん元気に成長しました。

このきゅうりが、ものすごくおいしくて、ぬかずけにして毎日食べています。

トマトもきゅうりも、農薬をまかなくても虫もつかずに順調に成長しています。
EMは、素人でも簡単に無農薬・無化学肥料で自然栽培で野菜を作ることができます。


b0034072_19381320.jpg
これは固定種のとうもろこしですが、やはり初めて作りました。
実がついています。

b0034072_19391972.jpg
これは、たぶん冬瓜かな~
b0034072_19400302.jpg
これはモロッコいんげん!
順調に大きくなって花をたくさん咲かせていたのですが、この虫たちにやられてしまいました。
がっかりです。
虫がつくうちはまだまだ土ができていないと言われていますので、
がんばるぞ~

無農薬でも虫がつかなくなる野菜を作りたいです。
順調に発芽しても、小松菜などの葉物は、全部食べられてしまいました。
人参もアゲハの幼虫がついてしまって、ほとんど食べられてしまいました。

EM活性液を10倍ぐらいに濃くしてまいたら、人参には来なくなりました。

今、イタリアンパセリは幼虫がたくさんいて、むしゃむしゃ食べています。
先日、幼虫を移動させようと袋に移していたら、きれいなお母さんちょうちょがやってきました。
幼虫を見守ってきたのでしょう。
悪いことをしたな!と思い、イタリアンパセリは幼虫のえさにすることにしました。
アゲハも農薬を使っていない葉っぱが分るかもしれません。

2畳ぐらいしかない小さな都会の家庭菜園は、
ちょうちょのほかに、産まれたばかりの小さなカエルもいます。
我が家の堆肥の中はカエルの家になっていて、いつのまにか子供達も生まれていて
家庭菜園の虫がエサになっているようです。

今、世の中は戦争に突入するような危機感を覚えますが、
Think small first
もう殺し合いはやりたくない!
経済よりも命が大切!
世界も家庭菜園もつながっているような気がします。

[PR]
by kisan35 | 2014-07-23 20:05 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31