練馬区長選に思う

今月20日に練馬区長選挙と練馬区議会議員補欠選挙もあります。
練馬区は有権者数が約58万人。

先日、区長に立候補されている方々全員の公開討論会がありました。
自民、公明推薦の前川氏は、公開討論会が始まってすぐに「逃げるわけではありません」と言いながら
退席したそうです。話し合う意図がないのでしょうね。
公開討論会に参加していた区民の人は途中退席に不満を持っているのは確かです。

練馬区では圏央道と外環をつなぐ道路を作ろうとしていて、それが問題になっています。
杉並区は生活環境への影響を考えてインターチェンジを作るのは反対していますが、
練馬区は前区長がやれ~とばかりに
片側インターチェンジを作ろうとしているそうです。

この前川氏は都の福祉局長時代暴言を吐いていました。
こちら
「行政の保護、補助にあぐらをかいて、その補助が減ったからけしからんと声を上げるだけの人たちは、消えていただきたい」
都庁から東京ガスへ。

公開討論会を退席した人でも
小池百合子さんの応援演説の効果か分らないけれど
決起大会は2000人集まったと知って、
自民党が大好きな人が多いし、創価学会の信者さんも多いし、
選挙の時は、そういう組織票が多い練馬区だから、
こんな誰かを批判するブログを書くのは嫌なんですが、やりきれなくて書いちゃいました。
党が推薦したから一票を入れるのではなくて、その人がどんな人なのかが大切だと思います。

自民党はかつての自民党とは違い、
景気は回復しないのが分ってきたし、戦争にむけてなのか
どんどん法律を変えていますね。
「武器輸出三原則」が「防衛装備移転三原則」に変わりました。

練馬区は税収入が多い区のようですが
本来福祉や農地や緑を残すことに使われるお金(私たちのお金)が
企業につぎ込まれ、環境破壊と無駄な道路などを作っていることに気がついてください。
前川氏が区長になったら、暴言にも表れていますが、福祉がどんどん切り捨てられていきます。

もともと練馬区は農地が多い区でした。
緑多い練馬、住民が安心して暮らせる住みよい町を取り戻す
大きなチャンスにもなる練馬区長選挙が20日にあります。

無党派層の皆さんの力を結集して、がんばっていきましょう!

[PR]
by kisan35 | 2014-04-12 10:54 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31