よしもとばなな著「花のベッドでひるねして」

よしもとばななさんの世界は、
日常の出来事をマクロに広がる希望を感じます。
この本を紹介してくれた、りこちゃんありがとう!

人はなぜ生きるのかとか
すべては流れて移り変わる中で、
永遠に変わらないものを探していた私は
この本の中で変わらないものを感じました。

変わったようにみえても
動いただけ。

この言葉が、すごく腑に落ちました。

少し前から、ある人との関係性が
自分ではどうしても腑に落ちなくて、
いい人なんだけれど、なんでこんなことを言うのか分らなくなっていました。
女性だけれど、「アナスタシア」の本を紹介してから
アナスタシアをチャネリングし始めて、どんどん変容して、私はこわかった。
あなたは「アナスタシア」ではないし、
「アナスタシア」はそんなこと言っていないような気がして、
それでも、自分ではどこかで言っていることを信じていました。

すばらしい人なんだけれど
どこかで、ちょっと違うって思っていて、
違うって思う事って、とても大事で自分をきちんと軌道修正してくれるんだって
本を読んで思いました。

あ~間違っていなかったんだ!
この違うっていう感覚。
なんで、こんな風に変わってしまったんだろう?
って思う答えも、この本にありました。

ここでは書けないけれど、
たまたま読んだ本の中に

それまでの悶々とした自分の解決策があるって、
とてもすごいことだと思います。

本ってすばらしいなあって思います。

その時、選んで読む。
そこに答えがあるのは、
いつでも答えが日常にあるんだよって教えてくれています。

今の私は
自分は幸せだけれど、
どこかで、幸せではなくて
それはみんなが幸せでないからかもしれません。

そして、これから日本はどうなっていくんだろうなあ~って
57年生きて来て、とても気になるのです。

そういう幸せだけど
憂鬱な気分を、どこかで引きずっていて、
この本を読んで、一日を過ごすことの大切さをしみじみ感じて
シンプルでいいのだって思いました。

明日死ぬかもしれないけれど
今、私の魂のかけらの声が
誰かの中で目覚めてくれたら、
それは実際に子供がいるとか、血縁関係があるとかではなくて、
田んぼかもしれないなあ。

100年後にも、そこで耕している人がいると嬉しいかも。

余談ですが、
東京の自宅の犬の糞やら大豆の茎などが散乱しているところは
EMをまいているのですが、やはり堆肥になるには時間がかかるようで、
今日、夫に頼んで穴掘ってもらって埋めました。
そしたら、そこに、ガマガエルが冬眠していたんです。
スコップで傷つけなくてよかった!
花のベッドではないけれど、ふかふかのベッドで冬眠しているガマガエル。
人間よりも幸せなんだろうなあ。


[PR]
by kisan35 | 2014-02-28 19:14 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31