よしもとばななさんの本

最近、図書館でよしもとばななさんの本を借りて読んだところ、おもしろくて
しばらく「よしもとばなな」さんの本を連続して借りています。
はまると、とことん読むんです。
作家としても有名な方ですが、
本を読んでいると、日常を深く感情面で観察していて、
本に書くことで、ご本人も癒されているんだろうなあ。
書かずにはいられないんだろうなあって思い、
そういう本は、共感すると、むさぼるように読んで吸収できます。

感性豊かであると、悩みも多いけれど
言葉を巧みに用い文章にされていて、悲壮感はまったく感じず、
乗り越えた先のすがすがしい明るさを感じています。

人生が本になっているって思います。

苦しい時は笑いを
常に相手の立場を考えて、
その視点で書かれているので
読んでいても気持ちがいいです。

人生とは
生きるとは
悩みがあって当たりまえなんだ!
みんな同じなんだ!
そう思うと自分だけが苦労しているわけではないし
生きているって
人には言えないけれど、それぞれの人がいっぱい悩みがあって
それでも、明るく生きようって思うことが幸せにつながるんだなあって思います。

健康とは
あらゆるストレスを受けないのではなく
あらゆるストレスを処理できること。

よしもとばななさんは健康なんだって思います。

フランスの作家、フランソワーズ・サガン
学生のころから大好きだったのですが、
今は、サガンよりもよしもとばななさんに近いかもしれません。

サガンの作品を読み返すと、不健康が美しいって思えます。
どちらも生きているのは美しいのですが・・・

[PR]
by kisan35 | 2014-01-29 19:55 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31