EM発酵ジュース

昨日は冬至。
陰きわまり陽に転じる日でした。
飛行機で移動する夢を見ました。正夢になるのかしら・・・

ひどい風邪をひいた夫が、10日ぶりにようやく固形物を食べることができました。
38度後半の高熱が続き、口の中は歯茎が腫れ、口内炎が痛くて、何も食べることができません。
ヘルペス口内炎ではないかと思っています。

その10日間の間、おいしいく飲めたのがEM発酵ジュースです。
一日に2リットルは飲むので、できるだけ短時間で発酵するように考えてみました。

b0034072_11363845.jpg

こうやって、果物を捨てずにどんどん増やしていくと、勢いがついて
短時間で発酵が始まります。アロエベラやゆず、みかん、りんごなど、
皮だけでも構わないので、入れました。(最初にEM発酵液で洗ってから使いました)
ここに、多目のりんご糖蜜と、水と発酵液とEM1を加え
翌日にはこのようにペーハーも3.5以下に下がり飲めます。
蓋をあけると、ぶくぶく発酵していて、命だっ!て感じます。


【作り方】
果物 適宜
水 適宜
りんご糖蜜(上の瓶の場合、200ccぐらい)
EM発酵液(P.H.3.5以下のもの)水の4分の1ぐらい
EM1 大匙1くらい

果肉や皮がとけてきますので、気になる場合は茶こしでこしてたらいいと思います。

これを毎日作り続けて2週間。今こんなに果物があふれていますが、おいしいです。

もし、発酵が進んですっぱくなってしまったら、砂糖やりんご糖蜜をさらに加えると、
いつまでも甘くおいしく飲めます。その場合も口にするのでペーハーを確認してください。

ペーハー3.5以下とは雑菌がいない状態。殺菌する必要がない状態です。

発酵ジュースは飲むと、腸がじわりと温かくなるように感じます。

EM米のとぎ汁発酵液2リットルの場合は、

米のとぎ汁  適宜
EM1  40cc
りんご糖蜜 40cc
セラミックスパウダー 少々
自然塩 少々

私はこの10倍の量をタンクで作って、最初の3日間はこたつに入れておきます。
作りたての時はP.H.が3,7ぐらいですが、翌日には3.5に下がることがあります。
この発酵液は、2か月ぐらいおいておいても、うちでは、いっこうにP.H.が上がらないのです。
2.8ぐらいをキープしつづけるので、とても便利です。

りんご糖蜜は、EM和光ショップで購入できますが、一斗缶です。

b0034072_11571193.jpg


痛い口内炎には、はちみつと医療用のセラパをまぜて塗りました。
涙が出るくらい、痛がっていました。
孫のひとりが水疱瘡になった時も、医療用セラパとEMXゴールドを塗ったら、
あまり広がらずに、とても軽かったです。なかなか医療用セラパは手に入らないので、
そっと乳酸菌をくだいてもいいかと思います。←これ私の思いつきです。

耳の下のリンパの腫れは、芋パスターがとてもよく効きました。
里芋をすって、同量の小麦粉とまぜ、その中に1割ぐらいのすった生姜を加えてつくります。
これをガーゼにつつんで、首にまくと、気持ちがいいそうです。
熱を吸収してくれるんですね、きっと。
東城百合子さんの「自然療法」はバイブルです。

あとは、お世話になったのは味噌汁。
お出汁は、ベジブロススープでとりました。
b0034072_1262017.jpg

野菜の皮とか、捨ててしまう生長点などをとっておいて煮だして作ります。
ねぎのひげ根を入れると、ねぎの香りがします。
この味噌汁にEMXゴールドを入れて飲むと、どんどん汗が出てきます。

そして極め付けの口内炎対策は、ストローです。
ストローにも助けてもらいました。

ようやく解熱して、3日たち、すこしづつ食べられるようになってきたので、
ほっとしています。

発酵ジュースもベジブロススープも
普段捨ててしまうような野菜や果物のくずで作りましたが、
ものすごく人間にパワーくれるんですね。

ありがとうございます。
[PR]
by kisan35 | 2013-12-23 12:32 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30