我が家には15歳になるミニチュアダックスフンドがいます。

もう、老犬なので、散歩も近くを少し歩くだけ。
夏場は、食欲もなくて、もうだめなのかな~って思っていたけれど、
涼しくなってからは、食欲がもりもりです。

一度そけいヘルニアの手術をしてからも
便が出にくくて、大変でした。
いくら体を丸めても、便が出ないし、ちょこっと出ても腐敗臭がします。
血便、粘液もありました。

このままだと、たぶん癌になるだろうな?

でも、老犬だから全身麻酔で、ヘルニアの手術は無理でしょうって
あきらめていたのです。その間も、犬は苦しいとか言わないです。

それから、鶏肉の量を減らしておからと鶏肉とキャベツにしてみました。
玄米もあげたのですが、体調が悪いと吐いちゃうので、やめました。

そのごはんを冷凍にしておいて、電子レンジでチンするときに、
EMXゴールドをスプレーして数か月。
信じられないくらい、りっぱな便になり、血も粘液もついていないのです。

そして、今はいくらでも食べたがるようになりました。

EMXゴールドは、腐敗臭のある便が発酵臭になり
手術を考えていた、犬の腸の状態を良好にしてくれたのです。

私は、今までシックハウスで具合が悪い次男や
放射能で汚染された田んぼや
自分の鬱の時など
いつもEMに助けられているって思います。
EMという言葉が嫌な人には
発酵系の善玉微生物に助けられています。


最近、不思議なんだけど
この犬と会話ができるようになりました。

最初は、しばらく沖縄に行くので、
ペットシッターさんにお願いしたことから始まりました。
実家で預かってもらえていたけれど
母の体調が悪くて預かってもらえない。
夫は夕方から夜中の2時ぐらいまでいない。
その間、ペットシッターさんにお願いしたのですが、
私は、さびしがっているんじゃないかとか心配なんです。

で、沖縄に行く前の晩、一緒に寝ていた犬に尋ねました。
「明日からしばらく沖縄に行くけれど、さびしくてごめんね」

そうしたら
「あなたからは、いつもいっぱい愛をいただいているので、心配しないで行ってください」

って聞こえてくるの。

犬ってしゃべるんだ!って思いました。

それから、いろいろテレパシーで話しているけれど、
犬は、すべて見通して、寄り添って生きているって感じて感謝でいっぱいです。

そろそろご飯の時間だけど、外出していて、
「ごめんね」って言うと
「ああ~今寝ていました。気にしないで楽しんでください」と言うの。

b0034072_20165019.jpg


今まで犬の声とか聞こえなかったけれど、
きっと自然界の生き物は、私達に声なき応援をしてくれているのだと思います。
ひとりぼっちにしてかわいそうだという
私の思い込みを、
大丈夫ですよ。
って言ってくれる犬。

猫も犬も、すべて飼い主に寄り添っていきてくれることに感謝しています。

すべてに命がある。
そして、人間のわがままを認めてくれている。
いとおしいと思う。
[PR]
by kisan35 | 2013-10-08 20:28 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31