食文化を伝えたい

今日は私の誕生日です。
沖縄に住んでいる娘の孫3人、末の息子が春休みで帰って来ているので、とてもにぎやかです。

かつて、3人の子供たちを育てながら、仕事をしていた時よりも、身体が動かないので、
孫たちが来ても、できることしかできません。
女性は、子育てが終わると老人介護と言われていますが、
無理しない範囲でやっていかないといけないなあって思っています。

1960年台、私が小さい時は、いたるところ原っぱで、
毎日遊びほうけていました。屋根に上ったり、自由自在に遊んでいました。
近所のおばあちゃんが作るぬかずけが大好きで、
それも古漬けのきゅうりが何より好きでした。
「色の変わったきゅうりにしょうがを入れたおこうこ」
おばあちゃんの家に行くと、ゆか床の下から、魔法のツボを出して、
ミラクルにおいしいきゅうりの古漬けを、おやつにくれたのです。

当時は、チクロなど人工着色料、コカコーラ、ファンタが
「こんなにおいしいもの、あるのか~」って感動して食べていました。

化学調味料アレルギーは、中学生のころから出て、
それでも、それが添加物と知らないまま、過ぎてきました。

今56歳になって、同窓会に行くと
亡くなっている人、具合が悪い人が多いです。

私が、こんなに元気な理由は
一つはおばあちゃんの乳酸菌で色が変わったぬかずけを毎日食べていたからかなあって思っています。

発酵すれば腐らない

こうした小さな思い出が
今、発酵食品を作ることにつながっています。

世界中、家族って同じだなあって思います。
よくおばあちゃんが作ってくれたスープを食べて育った!
と聞きますよね。

孫たちが来ていて、
それまで夫婦二人のきままに暮らしから
一日三食+おやつを作る生活になりました。
放射能の問題があるから、外で遊んだら
すぐにEM入りのおふろにいれて、食事作りに追われています。
でも、おばあちゃんの立場では、こうやって「本物の食事」を伝えていくことが大事だと
「古漬けきゅうり」を食べて育った私は思います。

今、小さい時を思うと、この古漬けきゅうりを必ず思い出します。
どんなに好きだったか
そのおかげで、今こうして元気にいますよ~

孫、みなさんに伝えたい事
発酵した食品をとってください。
EM発酵ジュースの動画が
批難を浴びていますが、
別にEMを使わなくてもいいのです。
発酵したものを食べてほしいなあと思うのです。
[PR]
by kisan35 | 2013-03-05 17:25 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30