ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

手作りだからできる超高級シャンプー

江川先生をお招きして、2回にわたり、自宅で手作りせっけんを教えていただきました。
ご本人は先生ではないと言いますが、あえて先生と言わせていただきます。

b0034072_15572052.jpg


ピンク色のボトル  リンス
精油やチンキを入れて、香り豊かなリンスです。
頭髪はアルカリなので、リンスは酸(リンゴ酢・クエン酸)を入れます。

右のボトル  シャンプー
スイートアーモンドオイルとココナッツオイルを使ったリキッドソープを作り、
カモミールのハーブ水とハチミツとEM活性液でリキッドソープを薄めました。

このシャンプーを使っていると、毛が増えて、白髪が黒くなるそうです。
洗い心地は、最高!いいオイルを使っているので、頭が喜んでいます。
髪の毛をとかす時も、ひっかかりません。

b0034072_16133442.jpg


b0034072_16174651.jpg


リキッドソープは、ぶくぶくと泡だってきて、ふきこぼれそうになりますが、その後ペースト状になるまで混ぜます。しばらく保温して、できあがり。これを2~3倍に薄めてシャンプーにしました。

苛性カリを使うから、手袋、マスク、ゴーグルで防備します。

小さなボトル  かかとすべすべ尿素
小さな容器 鼻の中に塗るワセリン  ワセリンにティーツリー・ゼラニウムを加え練りました。
人ごみに行くときは、これで安心。ウイルスの侵入を防いでくれます。

ピンククレイのマーブルせっけんとセラミックスパウダー入りのEMせっけん
顔を洗ってもつっぱらないし、乾燥しません。いい香り。

江川先生からのコメント
Phが低いとお肌の脂肪を溶かし流失させることもあるのです。オレイン酸の多い石鹸ばかり使うと、例えばオリーブ石鹸とか、お肌の中の自分のオレイン酸も溶け出すのです。それで乾燥もするし、防御力も落ちるので肌荒れもしますし、ニキビの人は余計ニキビになります。でもEMは違う気がします。活性液の中の酵母や乳酸菌は苛性ソーダにやられても光合成菌が頑張ってくれているのかしら、と思います。

自分で手作りできると安心だし、楽しい。

日々、少しづつ手作りが増えて、うれしいです。

江川先生、ありがとうございました。
[PR]
by kisan35 | 2012-11-26 16:16 | EM