収穫の時~EM~映画「祈り」

今年は、草取りを怠けてしまったので、
お米の収量がぐ~んと減りましたが、収穫の喜びを感じています。
天塩にかけて育てたお米の美味しさは格別です。

そして、
今年も、玄米からはセシウムが検出されませんでした。

ありがたいことです。
EM活性液と、光合成細菌をじゃんじゃんまいたからかもしれません。

埼玉県ふじみの市にある自然食料品店「サン・スマイル」では、シンチレーションで測定してくれます。
1検体 3000円(30分なので、待っていると結果が分かります)

お店は主に自然農の野菜を販売しています。

店舗の前には、サン・スマイルの松浦さんの畑が広がっています。

b0034072_1825657.jpg

茶色い和綿。かわいい!

b0034072_18274686.jpg

松浦さんと美しい自然農の畑

自然農の野菜は、豊かな土壌の微生物に守られて、放射能を吸い上げない気がします。
松浦さんも、自然農の野菜は、まず放射能が検出されないと言われていました。

そして、注意しないといけないのは、
西日本のしいたけなどからは、一部出ているそうです。
がれきを燃やしていますから、西日本だから安心とは言えないですね。
反対に、これは絶対に放射能の数値が高いだろうっと思って測定した関東や東北のしいたけでも、
でないものがあるそうです。

不思議です。

東京の土壌はベクレルが比較的高いけれど
埼玉は低めです。

ちなみに、松浦さんの測定場所は
ホリバで測っても0.04~0.08ぐらい。
低い!
私の家では、0.1を下回ることは、あまりありません。
平均で0.16あります。

だけど、なんだかものすごく元気です。
EMのおかげかな~

先日渋谷のアップリンクで「祈り」という映画を見ました。
つくば大学の村上和雄教授の実験で、おもしろいものがありました。
イースト菌の実験です。
思い(祈り)を込めたイースト菌は、活発に活動するそうです。

また、薬も、プラシーボ効果は3割から5割あると確認されたそうです。

新薬は、これを超えないといけないね

もっともだなと思います。

私は、EMは、本物だと思っているので、
プラシーボ効果もあるかもしれませんが、
EMを使ってお料理をしていると、大丈夫って思えます。

本物は、いつの世もバッシングにあいますが、
使い続けていくことで、必ず後世に残るって思えます。
昨日フジテレビで、EMの番組が放送されたようです。
テレビがないので、分からないのですが、
初めに、EMを批判する内容の番組をつくる意図があって、
何も知らない人が取材して、作られたのかもしれませんね。

今までは、テレビの報道が、正しいような気がしていた人も
原発事故後、テレビの報道は正しくないことに気が付きはじめています。

EMで除染したり、
いろいろなところにまけば、
私たちの身体も食も環境もすべていい方向に向かいます。

本物は、すべてにいい影響を与えるものです。

たとえば、これには効くけれど、これには効かないというのはないはずです。

私は、微生物君たちの力に祈りを込めていきたいなあと思います。
だって、楽しいからね。

みんな楽しいことをやりましょうね!
[PR]
by kisan35 | 2012-10-18 18:50 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー