オカルトだと思われても仕方がないなあ

EMを使っていくと、よく限界突破と聞きます。
今までの常識が非常識に変わる時があります。

私たちは
「なぜ?」と考える癖がついています。

結果がこうでも、
今までの常識ではありえない。
そうなる理由が分からない。
でも結果はこのように出ているけれど、説明ができないのです。

これはEMを使っている方は、経験されていると思います。

私のEMのオカルト事例です。

千葉県九十九里の吉崎浜の近くの家は、
四隅にEM活性液を置き、セラパウダーをまいていました。
というのも、前の持ち主の方が、おそらく農薬や化学肥料で庭木を育てていたようです。
化学的なものをまかなくなって、どんどん庭木が枯れて、病気になってきました。
宮崎の口蹄疫も牛舎の四隅にEM活性液のタンクを置いて
感染から防いだ事例があるので、
それを参考にしました。

そして、3・11の大震災。
大きな被害のあった旭市のすぐそばで、
おそらく自宅は、あきらめた方がいいねと夫も言っていたのですが、
うちは、コップひとつ壊れることなく無事だったのです。

自宅わきの道路は陥没していて、
お隣の塀はゆがんでいます。

なぜ、うちは無傷なのだろう?
疑問でした。

ある講演会で、私のEM生活のビデオを流していた時、
私はお風呂の残り湯を、自宅の庭にまくのですが、
比嘉先生が「あなたの家は地震がきても大丈夫よ」と言われ、
つながってしまいました。

そういえば、九十九里の家もそうだった!
これは偶然ではないかもしれない・・・・

頭の中では、EMで地震の倒壊も防げるのはありえない・・・と思うのですが、
本当に、そうした事例があるようです。

今までの常識は非常識

頭で納得できなくても、そういう事例があります。

さて、数年前まで、しばらくEMを使わない時期がありました。
でも、3.11以後、今まで使っていたEMが放射能対策になるということで
今まで以上に使って、驚いていることは、
心も身体も、ものすごく絶好調なのです。
本来は、低線量被ばくでなにかしらダメージを受けていると思いますが、
なんだか湧き上がるように毎日楽しくて、健康です。

なぜEMを使わなかったのか?

私は自然農の考えで
そこにいない微生物を、人が加えてしまうEMはどうなの?って思っていました。
自然は自浄作用が働くので、たとえば雑草も、その土地に必要だから生えてくるわけですね。
だから、自然農の人は、根っこは取らずに、刈った草をそこに戻します。
EMは81種類の有用微生物が共存共栄しているので
その土壌にいない微生物も人工的に加えてしまうことになるのです。
そこが、いいのかどうか、数年間悩んできました。

で、ヒントをいただきました。
それは、今の環境はよくないわけで、土壌も有害物質を吸い込んでいます。
そこにいる微生物の力で蘇生にむかうには、時間がかかります。
「奇跡のりんご」の木村さんも、確か8年ぐらいかかったと思います。

EM栽培の野菜、特に福島県のEMオーガの野菜は
放射能で汚染されている土から、こんなにおいしいのかと思うほどおいしくて、
今まで食べた野菜の中では、ダントツおいしい。
食べておいしいかどうかで判断できると思いました。


で、思いました。
EMを使っているからおいしいのだ!

自然農でも、野菜に元気がなかったり、おいしくないものは何か原因があると思います。

EM栽培だと、汚染された大地でも、おいしいものが、大量に作ることができます。

おいしいか、おいしくないか?
いくらJAS認定でも、窒素が多くて、腐ると腐敗臭がするのはだめです。
腐っても、腐敗臭がしないのがいい野菜です。

EMは限界突破する可能性があるから、
どんどん使っていくと未来が開ける希望につながると思います。

私はそこにあるものだけを使うのが自然と言う考えが変わりました。
本来の自然の姿に戻るのは、EM(微生物)の共存共栄というひとつの調和の社会がいいと思います。

切り替わったので、もう迷わずEMはいいと思います。

SOSA PROJECTの田んぼにもEMをまいてもいいとお許しが出たので、
匝瑳の私たちの田んぼから、河川を通って海に流れる循環に
EMが力を発揮してくれると信じています。

EMを使って、何か悪いことって聞いたことないですね。
それは、循環しているからでないでしょうか?
[PR]
by kisan35 | 2012-05-28 19:18 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31