クリスマスイブ

今日は、クリスマスイブです。
昨晩は、恒例のローストチキンを焼き、ケーキを焼き、息子二人と集いました。
夫くんは、仕事だからね。

b0034072_1952244.jpg

おなかの中にはカレーピラフをつめ、グレビーは鳥と一緒に焼いた香味野菜とニンニクのごげたものに、ワインとしょうゆで味付けしたものです。

2キロのチキンを、息子たちが「うまい、うまい」と言って食べてしまいました。

このチキンは、我が家の十八番で、おそらく20年近く焼いています。
ここ数年は、焼く機会がなかったので、復活したところ
息子たちは、どこかでこの幸せな味を覚えていたのでしょうね。
プルーストの「マドレーヌの思い出」のようです。

社会人になって一人暮らしをしている長男は
改めて、手作りのおいしさを感じているようで、
ひそかに「やったね!」と思いました。
どんなに高いお金を払っても、今まで食べてきた家庭料理が一番なんだよ!!

海産物を避けてきたのですが
たまにはいいでしょうと思い、ほたての刺身を買いました。
こちらは酢になりかかったEM発酵ジュースに付け込んで、
EMオーガの幕田さんのブログ生命力あふれるほうれん草と前菜にしました。
ソースはマスタードを効かしたビネグレットソースに、EM発酵ジュースを加えました。
b0034072_1935757.jpg


福島のEMオーガの野菜が、今まで食べたことがないくらいおいしくて
生命力があふれています。生のほうれんそうはえぐみがなく、どこか木の実のような味がします。
15年もEM栽培を続けていると、セシウムだけでなく、ストロンチウムも吸い上げない
まさに、逆境でも安心でおいしい野菜ができることが分かりました。

このほうれん草や小松菜は、本当に食べてもらいたいなあ。
今までで一番おいしいと思います。
このブログを読んで、もし食べてみたいなと思われたらメールください。
なんとかいい方法を見つけたいです。

来年から、すでに大田区ではやっているようですが
放射能で汚染されたがれきが清掃工場で燃やされます。
どこも汚染されていきますが、産地で選んでも、きちんと放射能測定していないとこわいです。
福島でも1ベクレルの検出下限値でも放射能が検出されないEM農法を日本中で広がっていくことを願います。微生物の力がすごいのだと思います。
ちなみに、微生物が土壌を浄化という記事やyoutubeは、一両日で削除されています。
これは、微生物が効果があることが分かると困る人がいるのだと思っています。

町田市はゼロベクレルの給食の牛乳を目指していく請願を、議会が満場一致で出しました。

こちらにその経緯が書かれています

ところが、今後明治乳業の給食の牛乳を「たんぽぽ舎」で測定するために、牛乳の提供を断られてしまったのです。測定されては困るからなんでしょうね。
明治乳業は、あくまでも暫定基準値以下なので安心だというスタンスです。

本来、子供の命につながる学校給食は、こうした会社の牛乳を仕入れていることが問題なんです。
大きくなればなるほど、目が届かなります。

6ベクレル出ているし、いまだに出ているかもしれないのに、測定もできないとは
日本の民主主義が崩れていますね。

来年から牛乳は20ベクレルになるそうですが、
この数値はこちらの表をみていただけるとわかります。
b0034072_19304325.jpg


一日10ベクレルを内部被爆するとどうなるのか
この曲線があらわしています。

世間体とか、まわりに合わせるとか
もうやめて、命を大切にしてほしいです。

子供たちが明治乳業の牛乳を飲んで
なにかいいことがあるのですか?

まとまらない思いを吐き出したブログになってしまいました。
皆様、メリークリスマス。
[PR]
by kisan35 | 2011-12-24 19:38 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31