嬉しいこと

先のプログでも書きました、スリランカへの援助物資を送ったところ、以下のようなメールを頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早速の援助物資のご協力ありがとうございます。ご連絡遅くなってすいません。
物資のとりまとめを担当していますSPUTNIK International Japanの理事、小谷
(秋沢)淳子と申します。

いただいた援助物資は、責任をもって、スリランカの被災地に届けます。
ご安心ください。
コンテナは発送のスケジュールが若干変わりました。船会社の都合です。1月15日か
ら、すこし送れて、1月19日に日本を出るそうです。コンテナへの物資積み込みは1月
16日となっております。
現在40フィートコンテナに切り替え作業をしています。ひょっとしたら、40フィート
コンテナ2つ分くらいの物資が集まりそうです。(援助物資が積み残される事はあり
ません。こちらも、ご安心を。皆様の真心はちゃんとスリランカに届けます!)毎
日、数十人のボランティアスタッフが、400個近いダンボールと格闘しています。
本当に、本当に根気の要る作業です。彼らの熱い思いもスリランカに届くはずです。
因みに、現地スリランカの港ですが、津波による被害もなく、船も無事入港できるそ
うです。

報告は、出来るだけ速やかにホームページ
(http://www.sputnik-international.jp)に掲載するよう、
現地スリランカとも連携をとってまいります。ただ、現地はまだ混乱していますの
で、
多少、報告が遅れるかもしれませんが、どうぞご理解ください。
今後とも、応援、宜しくお願いいたします。

SPUTNIK International SriLankaのエシャンタ・アーリヤダーサ理事長、
また復興支援に汗している多くのスリランカ人スタッフに代わりまして、
御礼申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たくさんの援助物資が届いて、良かったなと思います。その中で活動されている方々は、休む暇なく忙しい毎日を送られていると思います。忙しくても、こうしてお礼のメールを皆さんに送られていることに頭が下がります。以前ファックスで送った署名もお礼の葉書が届きました。新潟地震の際も、お礼の葉書を頂きました。本当に気持ちの良いものです。

神戸の大震災の時、気仙沼の漁船がたくさんの援助物資を積み込んで、一番に港に着いた時、被災地にいた人々に希望を与えました。気仙沼の人は港まで乗って来た自転車も、そのまま必要だろうからと漁船に乗せた話を聞きました。今回のスリランカへの援助物資も、希望の光となってくれることを願っています。
[PR]
by kisan35 | 2005-01-10 15:47 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30