千葉県匝瑳市の田んぼも不検出

千葉県匝瑳市で自給米を作り出して、3年目。

東京よりも放射能で汚染されている地で、
しかも、私たちの田んぼは、谷津田と言われ、
落ち葉などが堆肥となり、湧き水を使っているので、
今年も米作りをするかどうか迷いました。が、
今年とれた玄米から、放射能は検出されませんでした。
やった!

政府の暫定基準値500bq/kgではなく、
検出下限値5bq/kgの検査の結果ND

b0034072_10553290.jpg

3年目の冬期たん水不耕起の田んぼ

b0034072_1056199.jpg

今年から始めた安久山田んぼ

どちらも放射能が不検出という嬉しい結果です。

田植え前から、どちらの田んぼもEM活性液を約4リットル
50倍位に水で薄めて、述べ10回位は、まいてきました。
EMのおかげかもしれません。

日本一安心でおいしいお米です\(^o^)/

内部被曝にしろ、作物にしろ
今回の検査の結果からみても、
EMは放射能にも、限りなく効果があります。
[PR]
by kisan35 | 2011-10-20 11:04 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31