田んぼと犬(スピ話)

記憶に残したい思い出。ちょっとスピ話。

千葉の田んぼに行ったら、迷い犬か捨て犬か分からない犬がいました。
首輪はしているけれど、飢えていてガリガリに痩せて
足の裏は歩き疲れて赤く腫れています。

猟犬らしく機敏に走りまわり、人懐っこくてすりよってきました。
まだ1~2才ぐらいの子犬なのでしょうか。

みなさんのお弁当を少しづつ分けてもらって遊んでいましたが、
帰る時になって、車が一台、もう一台と走り去る後をどこまで追って行きます。

連れてって~と無言で言っているようでした。

これは連れて帰るしかないなと思い、
千葉の家に連れていくことにしました。

車に乗せると私の膝の上で寝ちゃって、
私は毛だらけになって、身体じゅうについている草の実をとり続けました。

顔も足の毛もすれちゃって赤くなっているから、
EMのお風呂に入れあげたらおとなしくしていました。

全然吠えません。

鶏肉をにたものをガツガツ食べて、
玄関に寝るスペースを作ったところ、朝までず~っと眠っていました。
かわいいしかわいそうだったなあ。

b0034072_1221195.jpg


翌日は汚れもきれいになって見違えました。
b0034072_1231272.jpg

枝で傷つけたようで目がちょっと赤い。
庭でよく寝ています。

私たちは多分津波の被災地の旭から来たのかもしれないと思い、
かってに「あさひ」と呼んでいました。

この時点でずいぶん情が入っています。

狩猟犬だから動きが機敏で、都会のマンションでは飼えません。
いろいろな所に電話しても、誰も犬のほしい人はいないし・・・

困ったなあ~。
連れて帰る
このままいたところに捨てていく (できないなあ)

とりあえず田んぼ作業の間は、
つないでおきました。
EMが好きで水にEMを入れてあげるとたくさん飲みました。
動物には500倍に薄めたEMがとてもいいのです。

田んぼの雑草を抜きながら、
やはり池袋に連れて帰ってもマンションでは飼えないから、
連れて行かない決心をして、
もう神様にお願いするしかないから祈りました。

そんなこと祈って草抜いていたら、
ぎょぎょ、私の手から雑草と一緒にへびがすり抜けました。
へび大嫌いだけど、この時は意外に平気でした。

おとなしくじ~っと待っているので、
ビールを持って「あさひ」の横に座ったら、
犬なのにビールも好きで、一緒に飲みました。発酵しているものが好きなんですね、きっと。
なでてあげると栄養状態が悪いからか、夏だからか
毛がどんどん抜けます。身体についていた草の実もほとんどとれました。

一休みしていたら、田んぼの道を犬を3匹連れた女性が歩いて来ました。
犬を見て「あれ~この犬?」とたずねるので、経緯をお話ししました。

庭がないと飼えないでしょうから、しばらく預かって誰かほしい人にあげますよ。

まさに神様がいたのだと思った瞬間です。

「あさひ」にえさも持って来てくれて、犬好きのやさしそうな女性で
田んぼをお借りしているアルカディアの会の青木さんとも知り合いらしいので安心です。

女性がつなを持って行こうとしたら、
「あさひ」はしばらく立ち止まって振り返って、私と目が合いました。
それから、すたすたと歩いて行ってしまいました。

バイバイ(涙)

田んぼ作業に戻ったら、
先程のへびが顔を出して、私の方を見て、口をあけていました。
へびは神様の使いなんだな、きっと。

お心当たりの方はご連絡くださいね。保護されています。

b0034072_12275671.jpg


b0034072_1228741.jpg

九十九里は風が強いから、雑草は地面にはりつく形のものが繁殖しています。
ズッキーニもこの土地に合うようです。
[PR]
by kisan35 | 2011-06-28 12:24 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31