ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

プチ田舎暮らし

千葉の家で休みを過ごしました。
b0034072_14403499.jpg

日中は暖かな陽ざしですが、朝晩は寒い!!そして風が強い!

大工道具を持っていくのを忘れてしまったので
のんびり何もしないで過ごしていました。

夜は真っ暗で星がきれいに見えます。
近くには何もないので、車は必需品です。
エコな生活をしたくて田舎に住むと、車がないと困るという
矛盾をどうやって乗り越えるか課題です^_^;

犬を連れて行ったので、新しい環境に慣れるまで
後追いがひどくて、とても家において出歩けないので、
どこに行くにも連れて歩いていました。
田んぼ作業中は車の中でお留守番。
人間よりも犬の方が新しい環境に適応能力がないのかもしれません。
練馬から池袋に越して来た時もストレスで
4日間水も飲まず、何も食べず、ず~っとうずくまっていました。
このまま死んじゃうのではないかと心配で、
練馬の実家に連れて行ったら、ようやくえさを食べるようになった経験があります。
慣れるまで仕方ないね。
b0034072_1544630.jpg

b0034072_1552354.jpg

海辺の散歩は気持ちがいい~
寒いのにサーファーは元気。

テトラポットに付着している青のりを採ってきました。
良い香りです。
b0034072_1573994.jpg


車で走っていたら魚屋さんを見つけました。
地魚を売っているお店はとても少ないそうです。
大きなスーパーの魚売り場は、千葉産の魚はほとんどないので
町の魚屋さんの存在は貴重です。
新鮮な魚や貝が安い!
もともと食い意地がはっているので、
どこに旅行してもその土地の食べ物が一番の関心事。
この魚屋さんを見つけたので
千葉の滞在がぐ~っと楽しくなりました。
獲り立ては滋養がつまっています。

ここに決めてよかった!とふつふつと喜びに満たされてきました。
いづれ魚釣りも覚えよう。
b0034072_15395847.jpg

日本一早い朝日を見ることができます。

海はいいなあ~


田舎暮らしの必須科目は火起こし。
生ごみはコンポストに捨てますが、庭の木々や落ち葉、紙類は庭で燃やします。
風が強いから、穴掘ってやってみたけれど
途中で火が消えちゃって全然燃えません。
3時間ぐらいがんばってみたけれど、むづかしいのでギブアップ。
後で分かったことは、穴掘ったのいけなかったみたい。
火をおこすには空気の通りをよくするというあたりまえのことに気がつかない私達。
4大元素のなせる技、自然の仕組に気が付きました。
田舎暮らしは生きる知恵の学びの場でもありました。

火起こしの第二回目講座ではありませんが、
今年から使わせていただく田んぼの雑草を燃やす作業をしました。

火は風下から点ける

風上から点けると燃え広がって火事になるおそれがあるのです。
これも大いなる学びです。
なるほど。
そして燃え移った火を消すのは
すぎの枝です。
b0034072_15515213.jpg

田んぼの所有者の方が作業を手伝ってくれました。
右手に持っているのが杉の枝です。

田舎暮らしの始まりは、いろいろな事を学ぶことから始まりました。
今まで学校で習ったことのないことを
体験から学んでいく、それもおもしろくてワクワクします。
ず~とこんなことを学びたかったと思うのです。

千葉の家の庭には梅や松やソテツなど
沢山の木がはえています。
梅は小さなつぼみをつけていて、開花が楽しみです。
松は剪定された松葉が沢山残っていたので、
不老長寿の松葉ジュースを作りました。
b0034072_19535922.jpg

都会にいると松葉はなかなか手に入りませんが、
田舎では捨てるほどあります。
ず~っと住んでいると分からない田舎の豊富な自然や資源を
東京での暮らしから、気がついたことを発信できたら
嬉しいなと思います。
田舎は都会人が失った豊かさがあると思いました。

2年後ぐらいに移住すると思いますが
その間、週末だけ滞在するだけでも、
今までの生活がいかに狭いのか分かりました。
自然のなせる力には感謝と敬意を覚えます。
[PR]
by kisan35 | 2011-01-10 15:18 | その他