ねずみから学んだこと

たまたまmixiニュースで知ったこの映像


葬式など、死者を弔う時間や手段を持つ人間とは異なり、そうはいかないのが弱肉強食の世界で生きる動物たち。たとえ仲間が死のうとも、常に自分たちを狙う敵がひしめいているからだ。先日YouTubeには、死んだ仲間をカラスから必死に守ろうとするリスを撮影した動画が投稿され、その行動が話題を呼んでいる。

我が家のネズミ君たち。
ねずみとシェアールームはできないなと思いました。
ねずみ採りにかかったネズミは、深夜そ~っと離れたところに逃がしてあげました。
ラッキーだったね^_^;

もうひとつ、ピタッとくっつく粘着剤付きのネズミ取りをしかけました。
夫君と話し合っていて、死ぬなら一息にやるのが一番楽だよね
だからジワジワと死ぬこの粘着ネズミとりは、使いたくないね

それでも、毎晩の被害でついに仕掛けてしまいました。

二か所仕掛けた粘着剤のネズミとり
どちらも子ネズミが二匹かかっていました。
一匹は死んでいる
もう一匹はチューと鳴きながら生きていて身体を動かそうとしています。
苦しいから動くなよ~と
夫くんと同じ気持ちでいました。

その後、仕掛けてもネズミはつかまっていません。

リスの映像を見て、
仲間の死を知りながら、付き添ったネズミ君なのかな~
死の瞬間も誰かが看取ってくれるのかもしれない。

ごめんね。
[PR]
by kisan35 | 2010-04-30 20:04 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31