はっ!とした言葉

春の訪れを告げる「ふきのとう」をいただきました。
山菜の苦みは、冬の邪気を取り払って、身体に春が来たよと教えてくれます。
冬の真っ最中。
でも、土の中には春の目覚めが始まっています。


誰かの役にたちたい。
生きているからには、そう思うことがあります。
社会貢献をしたい。
ボランティアをしたい。

私も、日々過ぎていく中で、このままではいけない
社会貢献したい。と思うことがあります。

「ふきのとう」のように、大地から芽を出したい。

そんなある日

数年前から届いている姫野さんの
「夢で愛ましょう!」のメルマガを、ぼんやり読んでいました。
そして、が~ん!と魂に響いた言葉がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「人生はあなたに何を期待しているのだろう」

 これは本で読んだ話です。
 ある看護婦さんが末期がんになり寝たきりの生活を余儀なく
 されるようになりました。

  その看護婦さんは、とても明るく働きものでかいがいしく
 やさしく平等に患者さんを扱うので、患者さんからもとても
 人気があったのです。

  でも病を得て、その看護婦さん自身が寝たきり生活を過ご
 さざるを得なくなりました。


  ひどく落ち込み、ある人にこう語りました。

 「もう働くこともできない。こんな私は生きていても人に迷
  惑をかけるだけだわ。私の人生はもう終わったのよ。生き
  ていても何の価値も意味もない人生になってしまったわ」


  ある人はこう答えた。

 「あなたはこれまでご自分の患者さんをそんな目で見ていた
  のですか」


  こう聞かれて、その看護婦さんは「はっと」気付いたそう
 です。


  人からほめられることも、感謝されることもなく、何の見
 返りも慰めも期待できない状況におかれたとき(もちろん
 そんな状況におかれないに越したことはありませんが)

  人ははじめてひとりの裸の人間としてその生きる姿勢を問
 われます。 


  人生があなたに問うのです。
 「あんたは毎日、どんなこころで人生を生きているのだ」


  それでもなお
  人生があなたに期待していることがある

  人があなたに期待していることがある


  それは何でしょう

  う~ん、なんでしょう?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

う~ん、何なんでしょうね?

人生は日々移り変わるもの
永遠に変わらないものって、何だろう?と思います。
その答えを探しに、生まれてきたのかもしれません。

「本当の発見とは、新しい領域を見つけることではなく、新しい目でみることである」
マルセル プルースト

はっ!と気がつくこと。
はっ!とすること。
好きです。
生きているなあと思えます。
[PR]
by kisan35 | 2010-02-08 20:45 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31