なぜ男性は妻をこわがるのだろうか?

最近、まわりで
「妻ほどこわいものはない」という声を聞きます。
我が家もしかり。

「妻がこわくない人はいるのでしょうか?」
「猛獣みたいだ」
などなど、男性は口をそろえてそのように言います。

女性サイドでみれば
なぜ、そんなにこわいのかなあ?
という疑問が沸き起こります。

かみさんがこわい(どの漢字を当てはめたらいいのかな?怖い?恐い?)くらいの方が
家庭が円満らしい。

なぜ、こわいのか?
ある本を読んでいたら、なんとなく分かりました。

男性はパートナーがいつも笑顔で幸せでいてくれることを望んでいます。
もしも、パートナーが不幸せだと仕事に集中することができなくなります。
男性がもっとも恐れているのは、自分が能力不足で相手にふさわしくないのではないか?
ということのようです。

女性は、相手につくすことで愛情表現をしますが、
つくすことよりも、男性にとって一番嬉しいことは
自分のやっていることを認めてくれるパートナーのようですね。

たとえば、リストラされた夫を励ましたり、同情することは、嫌な気分にさせるみたいです。
共感と、あなたなら大丈夫よという信頼感を言葉に出すことが大切らしい。
ふむふむ・・・

と、その本には書いてありました。

「かみさんが、こわいから」というのは
誘いに、断りやすいせりふでもあるようですね001.gif
[PR]
by kisan35 | 2009-12-29 19:23 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31