ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

安保徹氏の講演会

先日の安保先生の講演会。
専門用語が多くて、ちょっと難しかったけれどおもしろかった。

癌の原因は発がん物質と言われているけれど、
患者さんを調べてみると、低体温、低酸素、高血糖という共通点があるそうです。
癌は全身の病気だそうです。

低体温 低酸素 高血糖という身体の内部環境は
ストレスから私たちを守るためにおこるそうです。

働き過ぎでストレスをあびると糖尿病になりますが、
岡山大学の上者郁夫史氏によりますと
糖尿病の患者さんが毎週岩盤浴に入りますと糖尿病が治るというデータがあるようです。

最近の若い女性は、筋肉の鍛え方が足りない人が多く、低体温が増えています。
ほんの少しのストレスで癌になってしまうケースも多いそうです。
女性は、身体を温めて、毎日少しづつ運動をして筋肉を鍛えるとよさそうです。

きちんと運動をして、きちんと食事をして規則正しい生活をしていても
具合が悪い人は、きちんとやりすぎもいけないと言われていました034.gif
ある程度いい加減も含めて、人間の生活があるのだから、
あまり生真面目にやらないほうがいいそうです。

なんでもほどほどに
たまの暴飲暴食も動的平衡の中ではありなのですね。
[PR]
by kisan35 | 2009-12-24 09:10 | その他