鳩山首相の所信表明演説

今朝、鳩山首相の所信表明演説を読みました。
今日の台風一過のようにすがすがしい気持がしました。

民主党は原発推進だから、原発のことは載っていなかったけれど(残念です)
今まで思い描いていた社会が、この演説の文章に感じられました。

いのちを守り国民生活を第一とした政治

「居場所と出番」のある社会、「支えあっていきていく日本」

人間のための経済

懸け橋としての日本


市民の力が生きてくる社会になりそうな予感がします。

先日、日仏会館にドナ トーザン「フレンチパラドックス」の講演を聞きに行きました

フランス人は週に35時間働くという法律があるそうです(日本では考えられないです)

子供の保育も充実していて
3歳になると朝8時から夕方5時まで保育してくれるシステムがあるから
カップルの60%は結婚していないけれど、
子供を産んで育てることができる社会システムが完備されている。
そのおかげでフランスの出生率は2人とヨーロッパでは最も高いそうです。

また、この35時間システムは、
家族と過ごす時間を増やすために法律になったそうです。
保育園のお迎え時間にあわせています。
実際、残業などもやらなければならない職種もあって
たとえば自動車会社のルノーは、日々残業があるので
夏休みは8週間とることになるそうです。

そして、労働条件が悪いと、ストやデモはあたりまえ。
交通のストは、通勤に支障があるけれど
誰も文句を言わないそうです。
市民力が生きているフランスがモデルになったらいいなと思います。
[PR]
by kisan35 | 2009-10-27 20:48 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31