元気の源かも・・・

赤シソジュースを作りました
b0034072_2091786.jpg

紫色のとてもきれいなジュースです。この原液を水で割って飲むと、なんだか元気がでます
夏バテ知らずです。
作り方はとっても簡単です
いつもながらアバウトですが、

【材料】
赤シソ(葉をちぎります)
酢(りんご酢で作りました)
はちみつ

【作り方】
1.鍋に水と酢を半々に入れ、沸騰したら赤シソを入れ、5分ぐらい弱火で煮だします。
2.煮だした汁にはちみつを入れます。(味見してお好きな甘さに加減します)
3。酸味が好きでしたら、2に酢を加えてください。

これが原液になります。冷蔵庫に入れておいて、ああ~疲れたなと思うと水で割って飲んでいます。
不思議と元気になります。

そして、もうひとつ。元気の源です。
池袋は、マッサージ店がとても多い所です。
自宅近辺も5分歩くと、マッサージ店が2~3店舗あります。
だいたい値段表を見て、ぶらりと入るのですが、
今まで外れたことがありません。どこも上手なのにはびっくりです。
これも元気の源かもしれません。
だいたい、足裏やマッサージの施術をしてくださる方は
中国人か台湾人ですが、
とても丁寧で、マッサージを受けながら、いろいろな話をします。

「どこに行っても、みな上手ですね」
「みな、本気でやっていますからね」

「日本はいい国ですね」
私「え?」
「たとえば、草なぎ君の事件。これが中国だったら、有名人はわいろでこんな事件にはならないんですよ」
ふむ~。


「中国では一人子対策で
子供がたくさん産まれると、人として戸籍がない
そんな子供がたくさんいるよ」

そんなお話を聞きながら、マッサージを受けています。

値段の安さに惹かれて、ふらりと入ったマッサージ屋さん。
超ミニのチャイニーズドレスのかわいい人が出てきて
やばい!店を間違えたか~と思ったけれど
「どこが苦しいですか?」
やさしく尋ねてくれて、マッサージもとても上手。
こんな格好しないでも、技術でやっていけるよと思うのでした。

池袋は国際色が豊かな町です。
犬の散歩に行く公園でも、ペルシャ人に出会ったり
孫の世話をしている中国人のおばあちゃんがいたり
台湾人が犬を連れていたり・・・

日本はこれから、どうなっちゃうの?と思うけれど
外国人から見ると、住みやすいのだろうなと思います。

自宅の近隣のマンションにはキャバクラ嬢がシェアールームしていて
ベランダにカラフルな下着を干しているのを見ることができるのも
池袋ならではだなと思います。

こちらに越して来て1年たちました
練馬の住宅地に住んでいた時よりも
人間の息吹を感じられておもしろいです。
私は行ったことがないけれど
ニューヨークもこんな感じなのかもしれないな。

たとえば高級住宅街の代名詞のビバリーヒルズでは
人の生活感が感じられないよね。

池袋駅近くの公園で
ホームレスのおじさんを見かけた。
腕が日焼けで、ケロイド状になっていて
それでも今日の暑さの中、アルミ缶の袋を持ちながら
しっかり生きている。

生きることを感じることができる。
これも元気の源だと思う。

社会システムの犠牲者が増えているなあ。
弱いものから援助できるシステムを早く作ってください。
派遣ぎりで家を失った中高年。
能力がないのではなくて、今の会社のシステムが間違っているのだよ。
軌道修正をしないといけない。
いつも考えている。
[PR]
by kisan35 | 2009-07-30 21:00 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31