ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

皆既日食と母の誕生日

今世紀最大の皆既日食の日が母の誕生日でした。
星が、予定通り進まない配置なので、何かあるのかな~と思いながら
母と息子を連れて、伊豆の温泉に1泊で行って来ました。
いくつかのアクシデントがありましたが、
無事に帰宅できて、ああ~よかったです。

「あせび野」は、母がとても感激してくれました。
雨にぬれた石造りの階段を降りるとき
とてもこわがって、手をとってあげないと降りれない母。
しばらくの間にずいぶん年をとったなと思いました。
アルツハイマーの薬を飲み始めています。

旅館の中でも
部屋まで帰る道順を忘れてしまったり・・・

一日中一緒に過ごすことがないので
こんなに弱くなってしまったのだと驚きを感じながら
今回は親孝行ができて、本当に良かったなと思いました。

母が一緒に露天風呂に入っていた時作った俳句

むすめとまご
伊豆渓谷で
朝むかえる

忘れちゃうから覚えておいてねと言われたけれど
字余りだから、違ったかな?

雨音や川の流れの音、虫の音が聞こえるお部屋でしたが
母は耳も聞こえないので、風情のある音も聞こえないのです。
耳が聞こえなくても、この香りや視界、お料理の味は
忘れないかな。もちろん忘れてしまってもいいけれど・・・

「この感動をありがとう。これからもがんばります」とメールが入っていました。
この数文字メールに書くのも、ものすごく時間がかかります。

感動があるから生きていく糧になるのかな、なんて思っちゃいました。

b0034072_19133157.jpg

[PR]
by kisan35 | 2009-07-23 19:13 | その他