ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

たばこ

たばこの害について思うときに
私はたばこの葉を育てる時に、まく農薬の害ではないかなと思っているところがあります。
以前、沖縄の島に行った時、たばこ畑が広がっていました。
沖縄の青空と緑の畑が絵になっていました。
地元の農家さんが、「たばこの葉を触ったらダメだよ。農薬で手がかぶれちゃうよ」と教えてくれました。

自然に還るもの、
自分の身体に入れたときに負担をかけないもの

いつごろか、これが見分けるキーワードになっています。

無農薬のたばこならば、吸っていてもそれほど害はないのではないかな?

私は愛煙家ではないけれど、オーガニックのたばこはおいしいなと思います。
オーガニックのたばこは煙も気にならない。
まして、はまきの香りはお香のように癒してくれます。

たばこ、そのものは癒しをもたらしてくれ、リラックスできる。
人それぞれ、癒しをもたらしてくれるものがありますね。

仕事を終えた後の一服やお酒は
身体に悪いわけではないと思います。

たばこやお酒と同じく嗜好品として
依存性がありそうなコーヒーですが
毎朝、起きると飲みます。
フェアートレードでオーガニックなコーヒーですが
最近変化があり、朝のコーヒーが美味しく感じないので
息子のためにコーヒーを作りますが、私は半分ぐらい残してしまいます。

私の場合、ある程度日常がルーティン化していると
身体にストレスを感じないので、
朝起きてコーヒーを飲むと落ち着きます。
たまに日本旅館に泊まって、朝コーヒーを飲めないと
便秘したり、コーヒーを飲みたいという気持ちを引きずります。

さて、時々吸っていたたばこですが、
やめることができました。
やめようと意図するとやめられるんですね。
もちろん、吸いたくなったら吸いますが
自分の生活習慣を見直した時に
何か癒しのものがあるのが、それに頼ってしまうから
めんどくさくなったのです。

本題にもどり
たばこです。
私は、たばこがおいしいと思えたことで
愛煙家の方々の吸いたい気持ちがわかるようになりました。
だから、嫌悪感を感じません。

これも大きな学びで
絶対に嫌だと思うことは
そこを経験してみると
違った角度から同じものでも見ることができるのではないかなと思います。

ネイティブの人はひとつの物事を多方面から見ていたらしい。
絶対に反対とか絶対に嫌いとか
それは自分の許容量の低さのフィルターを通しているのかもしれない。
でも、認められないこと。許せないこと。
それが実のところ私たちがこの世に生まれてきた理由かもしれない。
アイデンティティって、自分の中の嫌悪感がある部分に起因しているのかな~。
その部分をどう受け入れていくのかと自分の中で問いかけると
楽に生きられますね
この世の中の二極化(好きと嫌いのような)も、まずは一人一人の意識の変化から調和が生まれてくるのかもしれないな。


追伸
さて、ひとつ前の日記で「だんな様」と書きましたが
この言い方ってちょっとおかしいのかな?と言われ考えています。
調べてみるとだんな=ダーナ=ドナー
だそうで、「与える人」という意味があるらしいです。ふむふむ・・・・
夫という言葉がぴったりくるのかな~
呼び名に迷っております。
[PR]
by kisan35 | 2009-05-29 20:39 | その他